相葉雅紀さんの太陽と海王星のコンジャンクション、その1

太陽と海王星のコンジャンクションも小三角と

意味を絡めて考えるととても解かり易くなります。

相葉雅紀さんの小三角が示した個性は、借り物の

イメージではない本当のオリジナルこそ楽しいという

相葉雅紀さんの気持ちです。

小三角の記事は下記の3つです。

相葉雅紀さんが頑張れる秘密その1

相葉雅紀さんが頑張れる秘密その2

相葉雅紀さんが頑張れる秘密その3

sponsored link

太陽と海王星のコンジャンクションもこのような

小三角と絡めて考えるととても解かり易くなります。

相葉雅紀さんは、オリジナル性を思考を超越して

(考えた時点で様々なイメージの手垢が付きます)、

自分の深いところから引っ張り出そうとします。

太陽と海王星のコンジャンクションも

海王星的無意識から閃きを得ようとするのです。

この場合は、実際的な面での発展を目的とする

山羊座の太陽に対して無意識からある種のビジョンを

与えるのです。

sponsored link

無意識からの閃きとは直感的であり、

深く考えるよりも思いつくと言う意味では

小三角と似ていますが、相葉雅紀さんの

太陽と海王星のコンジャンクションに

おける太陽は山羊座の1,96度です。

小三角の主役の火星は水瓶座の10,82度でした。

ですから、海王星がフォローする内容は

まるで違います。

太陽は山羊座の1,96度は、サビアン的には

山羊座2度になります。

相葉雅紀さんの海王星がフォローする太陽は山羊座の

1,96度は、サビアン度数山羊座2度になります。

このサビアン度数が指し示す意味は相葉雅紀さん

らしくて、何とも言えません。

サビアン度数山羊座2度は、第1グループに

属するのですが、このグループには、まだ射手座の

気分が残っていて山羊座的分相応な気持に

なかなかなれないのです。

相葉雅紀さんは、オリジナル性を持ち込んだまま、

嵐の中で活躍しようとするのですが、

現実的には、メンバーの一人としての活動が

求められているのです。

当たり前のことですが、サビアン度数2度の山羊座は

それを感覚的に受け入れられるまで自分の

オリジナル性を否定されたように感じて

落ち込みます。

それでもこの度数に目的がある以上は、何回

否定されているように感じて傷ついても

何度でも相葉雅紀さんが属している集団を通して

オリジナル性を示そうとします。

そして何よりも重要なのは、この太陽と海王星の

アスペクトは、コンジャンクションなので、

考える力が無いのではなく、考えるまでもなく

海王星が無意識から相葉雅紀さんの背中を

押してくるのです。

ですから周囲から見ると、相葉雅紀さんは、

へこたれない人、同じことを繰り返す人に

見えるかもしれませんが、ちゃんとした目的が

あってのことなのです。

このサビアン度数2度の山羊座がなければ、

嵐に参加していたか怪しくなるので、

相葉雅紀ファンにとっては大切な山羊座です。

そんな相葉雅紀さんの山羊座を、どんな海王星が

無意識から励ましているのかは、

その2に続きます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。