結婚相手に迷った時の見極め方、その3

男性パートナーはドラゴンテイルが

サビアン度数天秤座3度ですから、与えられている

状況を受け取らねばと無意識に思い、

女性パートナーはドラゴンテイルが

サビアン度数乙女座7度なので、無意識にリターンが

あることを求めながら、期待する反応が得られるまで、

あの手この手で尽くすのです。

男性パートナーは次第にヒートアップしていく

サービスの良さに戸惑いながらも慣れていきますし、

そもそも基本的に善意と思っているので過剰さを

感じながらも無意識的姿勢のまま受け入れていきます。

無意識にある期待が満たされない女性パートナーの

苛立ちは極限に達してやがて爆発に至るのです。

sponsored link

この女性パートナーの土星はサビアン度数

牡牛座18度です。

これは貯めに貯めた思いを一気にぶちまける

サビアン度数なのですが、ここだけを見ても

特になぜ恋愛や結婚関係でそうなるのか、

理解出来るようになります。

そして興奮が冷めて話し合いが可能な

状況になると、男性パートナーからは、

善意の押し付けはいらないとか、

無理はしなくて良いという様な意見になり、

女性パートナーは、自分の努力を当然と

思っているとか、何をしてあげても

気が付かない等の意見になります。

この様なケンカのパターンはドラゴンテイルに

対して無意識でいる間は定期的、周期的に

発生することになります。

sponsored link

男性パートナーはどんなに責められても、

全人格の土台部分なので相手の言い分が

意味不明でしょうし、女性パートナーは、

そもそも相手に本当は何を求めているのかが

分かっていないので、男性パートナーの

些末なことをあげつらうしかなくなります。

そして、この男性パートナーの土星は、

サビアン度数牡羊座21度なので、あまり文句を

言われるどこかで戦闘態勢に入り始めるのです。

以上が、それぞれお互いが、それぞれの

ドラゴンテイルに無自覚な場合です。

相性が良ければ、その不毛さに辟易しまがらも、

何度もお決まりのパターンのケンカを繰り返しては、

やがて仲直りするということの繰り返しで

済むかも知れませんが、自覚的に取り組めば発展的に

扱うことが出来る部分なので、非常に

もったいないことなのです。

その4に続きます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。