運命の人と月

愛がないと、どんなものだって

存在することは出来ません。

一つの天体だけが愛の通り道を示すのではなく、

月から始まって近づいていく自分と

決まり切った運命みたいに働く冥王星から

ある日突然、

ドアを開けた瞬間、やって来る運命みたいなもの。

みんなが口にするのは偶然という

必然のタイミングです。

占星術的には、歩いてくる自分と

向かってくる自分です。

地球には、月に値する星が月一つしかないから、

他者として誰かに出会います。

パートナーを自分の半分と感じたり、

時間を超えて結ばれる二人というような世界観が

単純に作り話に思えないのは、

とても地球的な事情であって、

もし他の天体みたいに幾つかの月があれば、

もっと簡単に出会えるはずなのです。

一つしかない月は運命の人との出会いを

難しくしているのかも知れません。

一つしかない月は半分頑張ったら、

残り半分は休まないと壊れてしまいます。

壊してしまうのは自分です。

失って悲しむのは、傷付くのはあなたです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする