清水富美加さんに見る蠍座から射手座への移行

清水富美加さんは、年齢的に金星期で、金星は蠍座4度です。

この時期は、若さ溢れる体力、知性、希望、色んなものを

総動員して新しい理想を描きます。

そして、それからが問題なのですが、その流れで人生が

進行していくタイプの人もいれば、18歳前後から25歳

くらいまでの間だけで終わる人もいます。

後者は自分の限界を薄々感じますから、頑張りつつも、

金星期に描いた幻想をキープ出来ない重圧に打ち勝てなくなります。

清水富美加さんは、親密な仲間(この場合は理想と思える意思を

注いでくれる人、組織)たちと幻想に命を吹きこむべく努力したことが

芸能活動だったはずです。

sponsored link

太陽期に移行していきますが、次は隣のサインへの移動なので

難しくないように思えますが、蠍座から離れるということは

それまで全力で結び付こうとした対象と離れないといけません。

大雑把に言えば、清水富美加さんの金星も太陽も土星も

宗教色は強いものがあります。

そのような雰囲気の中で、一個の人間としてそれに反発を感じて

人として独立する方法を模索し努力しようとするのは、当然の感情です。

蠍座は射手座に移行する時に、全てを無茶苦茶にすることで、

そこから逃れようとする手段を選択します。

sponsored link

清水富美加さんのタイプの人は、自らの欲で動く時に強烈な力が

働きますが、他人にそそのかされた場合は上手くいきません。

芸能活動がそのようなものだったのか、

はたまた別の件がそうだったのかは知る由もありませんが、宗教の

選択が家族によるものだったという報道を鵜呑みにすれば、芸能活動は

本人の意思であり、そうだったからこそ輝けたということになります。

次の太陽期の射手座のサインは土星とスクエアを作っています。

スクエアは、同じ次元に二つのものを並べれば必ずどちらかが

負けてしまいますが、生かす方法はあります。

今回の混乱ぶりは、蠍座から射手座に移行する時の衝撃の方が

強いかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする