太陽サインで考える生まれて来た理由

なぜ人を殺してはいけないのですかとか、努力に何の意味が

あるんですかという質問が流行した時期がありました。

理想に到達しようとする時に、一気にそこまで駆け上がろうとして

しんどくなってしまい、その反動で理想なんていらないと思う様な

酸っぱいブドウ的な発想なのかも知れませんが、純粋性の行先

としては破壊的過ぎます。

sponsored link

その時々のテーマを決めて少しずつ前進して、頑張った分だけ

直ぐに成果が上がれば分かり易いですが、実際は、理想と現実を

行きつ戻りつしながら理想に近づいていきます。

理想に近づくと言うと大袈裟かも知れませんが、実際に

生きている実感、手応えとして感じられるものです。

この手応えを生き甲斐と呼ぶならば、無いよりもあった方が充実した

日々を送ることが出来ます。

月から始まり太陽を目指して土星で着地するような流れがありますが、

現実には、老いて死ぬ直前まで努力、挑戦を止めない人たちもいます。

超高齢化社会で、生き甲斐を持たずに寿命が長くなると、命を持て余す

可能性も否定は出来ません。

年齢域では、土星の後は、天王星、海王星と続きますが、それでも

意味のある人生を送ろうとするならば、何度でも太陽サインに意識は

戻ってくるのではないでしょうか。

sponsored link

アセンダントから入り込む個別の命が太陽サインを通して、地球で

再現されるという言い方も出来るはずです。

チャート上、様々な要素がありますが、生き甲斐を求めるならば、

個人の全体性はやはり太陽サインに意識を傾けるのが正解だと思います。

意識的に働きかけないと目覚めないということは、太陽サインという

理想に意識的にアプローチするまでは、無意識に何となく生きているとも

言えるのです。

どの感受点が一番大切かというのは、その時の状態や価値観等の問題も

ありますが、何故、生まれて来たのかという問いに対しては、

太陽サインを通して命を目覚めさせるためと言えると思うのです。

自発的に取り組むことが無ければ、それは眠りであり、眠りの

延長は死です。

生きている実感がない場合、純粋性が高い人ほどその意味に

引っかかるのかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする