土星で考える結婚相手に選ばれない理由

sponsored link

結婚相手の選択と仕事選びの選択は共通する

部分があります。

選択に土星のサインとその度数の意味する

要素を入れて考えると満足度が高いかも知れません。

本気になればなるほど、その比重はあがります。

結婚や仕事は楽しいだけで務まるものでは

ありません。

好きな相手、職業であっても、結婚や仕事に

選択した時点で、本気にならざるを得ない場に

なってしまっているのです。

それまでの自分を超えていく場になるからです。

心地良いから好きという基準は金星ベースの

判断であり、無理を感じた時点で嫌いになります。

金星は愛される心地良さを客体化して扱うことで、

自分自身を心地良くするアプローチです。

土星サインはビジネスパートナーでも、

結婚相手でも本気の選択になると必ず

働き出す価値観です。

熟年離婚とまではいかなくても、ある程度

長い期間を経て、どうしても譲れない部分が

衝突したり、重要な局面、つまり本気になる場面で

相手が許容出来ない行動をとって「無理」と

判断するのは土星サインの見落としです。

sponsored link

これは相互に独立していれば衝突しない

部分でもあります。

愛人関係、不倫等の心地良い関係で愛情を

感じていても、老後の介護、若年であっても

突発的な経済的危機、病気での介護等

本当に試される場面であれば、土星抜きでは

考えることは出来ません。

そして、そういった試練のタイミングは

占星術的に存在します。

相性や結婚問題で相手の生年月日を持参する

女性は多いですが、結婚において選ばれない人は、

相手の土星の視点から見た時に合わないと

思われています。

例えば、土星サインが戦闘的な男性は、精神的に

独立したしっかりした女性を選びがちです。

これは恋愛とは、全く別の次元の話です。

人生の節目で別離を選択する場合も同じです。

本気になった時に相手がどういう選択をする人

なのか自分自身も本気なら判断材料の一つとして、

土星を抑えておいても良いかも知れません。

それは、月のように無意識な相性ではなく

生き方全体に関わる価値観の問題です。

この部分を総合的に評価出来る女性は

最初からそんなに的外れな選択をしませんから

選ばれるというよりも、選ばせているのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。