吉岡里帆さんの魅力と激しさ

「ごめん、愛している」で、ヒロインを務める吉岡里帆さんです。

これまでにも、「ゆとりですがなにか」や「あさが来た」

「カルテット」等々、何かと注目を集める演技を

続けて、今回は、ついにヒロインです。

毎回、異なる異なる印象を与える吉岡里帆さんは、

太陽、水星、天王星、海王星とコンジャクション繋がりです。

これは、色んな要素を織りなすことになります。

まず魅力としては、吉岡里帆さん自身も認めていますが、

一見、地味なタイプです。

sponsored link

でも、それで終わらない何かしらファンタジックな雰囲気があって

何かしら磁力のようなものを放っています。

自分の世界観がしっかりと発揮されるので、

個性の輪郭がくっきりと浮かび上がります。

派手ということとは違いますが、その他大勢に埋もれるような

タイプではありません。

簡単に言えば、やはり目を引くタイプです。

火星の幾つかのアスペクトからは、自分の意思を曲げずに

やりたいことはやってしまうキャラクターも読み取れるので

自分の価値観を実行することにおいては、

かなり思い切った勝負に出る女性です。

可愛さの裏側に激しさを秘めている

といったところでしょうか。

sponsored link