母親問題を月で修正する

母親問題を修正していくには、月から

アプローチするのが、結果的に一番早いです。

あなたの月にあったテンションに

戻してあげることで、最終的に自分を

守れるようになっていきます。

月がどのハウスにあるのか、

どんなアスペクトがあるのか

そのような視点で今の自分と見比べると

分かり易いかも知れません。

sponsored link

自分を守るためにテンションをあげる選択を

する人は多いですが、本来の自分との

ギャップが大きくなると

その副作用の方が大きくなります。

対社会的な印象操作なら、処世術として

健全ですが、親子間でこれを強要されて

育った人は相当にこじらせます。

月と冥王星のコンジャンクションやスクエア等

がある場合は特に注意が必要かも知れません。

本来の自然なテンションよりも、

あげることを親が強要すると、

子供は成長することよりも、テンションを

あげる行動にエネルギーを費やしてしまい、

大人になっても金銭、時間、体力を

浪費してしまうのです。

買い物依存症、ギャンブル依存症、恋愛依存症、

習慣化する飲酒、甘いものの食べ過ぎと

ダイエット等々、見た目の問題は、

上記のようなことなのですが、根本的な理由は、

それらを手段して適切だと教え込まれた

テンションを維持しているのです。

手段が目的化されているので、中身が育ちません。

sponsored link

もっとこじれて、自分の行動で気持ちをコントロール

出来なくなると鬱になります。

そうなると、もう占いの領域からはみ出て

病院に行くしかありません。

しかし、それらはその人が得意なことでもあります。

親の要求水準に自分を持っていくために

実行可能だった手段なのです。

自分らしさの延長にあって、本当に好きで

やっていることなら、人は悩みません。

恐らく自分が壊れるような恐怖を感じるかも

知れませんが、本来のテンションに

戻していく必要があります。

これにもプロセスがありますが、自分の個性にあった

月のコントロール方法を育てていくことで、

奪われていた部分を取り戻すことが出来ます。

何かに依存していると、意思決定や

行動の選択が本当に思っていることよりも、

幾らか滑っていくものです。

その滑る幅が様々な不安を生み出しています。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!