逆転勝ち狙いの第2ハウスの生かし方

第2ハウスに頑張りが利きそうな天体と

普通に考えたら足を引っ張りそうな

天体がある場合や、

太陽と冥王星のスクエアを筆頭に、

上手くいけば、大当たりする可能性の

ある構成になっているタイプの人が

自力で稼ぎたい場合は、

第2ハウスも大切ですが、何よりも

第1ハウスを大切にしないといけません。

sponsored link

何事にもバランスは、常に働いていて

上手くいけば大当たりみたいなタイプの人は、

普通の状態では、上手くいき難い要素を

抱えています。

第2ハウスを活用するということは、

その一つ手前の第1ハウスが機能しないことには

どうにもなりません。

自力で頑張る以外の手段を考える場合は別ですが、

自分をコントロールするより、他の事柄や他人の

バランスを図るのは、もっと難易度の高いことです。

もし第2ハウスの良い要素を生かしたいのであれば、

第1ハウスを機能させる流れを考えるのが早道です。

ここに借り物を持ってきて上手くいく人は、

普通にやれる人なので、

はまれば大当たりするタイプの人は、

第1ハウスの個性に見合った自分仕様の仕組みを

作るしかありません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。