成宮寛貴さんの蠍座26度という現在

ドラマは、虚構だから怖くても、安心して

見ていられる部分がありますが、成宮寛貴さんが

突然、俳優を辞めた時は、相棒のストーリーと

重なって感じられて、虚構と現実が入り混じった

それまでにない不思議な衝撃がありました。

まるで成宮寛貴さんが甲斐亨のまま、虚構の世界に

消えていってしまったような印象です。

sponsored link

現在の成宮寛貴さんは、占星術的には、

火星期に入りました。

成宮寛貴さんの火星は、サビアン度数

蠍座26度です。

これは、蠍座の25度の段階で、蠍座として

完成した能力を駆使して、何も知らない環境で

自分の可能性を試してみたくなるのです。

火星期の前は、太陽期です。

成宮寛貴さんの太陽サインは、乙女座21度で

乙女座的仕事能力のピークを迎える度数で、

実際にかなり活躍されていました。

成宮寛貴さんは、太陽期に突然引退されましたが、

その太陽は、海王星とスクエアの関係です。

スクエアの切り替えの性質を体ごと、

まるで海王星の幻の世界に吸い込まれるように

消えてしまいました。

その消えた世界の先には、火星の蠍座26度が

広がっているのでしょう。

この火星は、天王星とコンジャクションで、

このアスペクトは、精神的なプレッシャーを逃れて

癒されたくて新たな環境を夢見るのに、

危険な世界に近づいてしまうところがあります。

成宮寛貴さん自身にとって、良い意味での

新世界が構築されると良いですね。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする