ハウス別、冥王星を追い風にする立ち方、その2

ハウス別、冥王星を追い風にする立ち方、その1は

こちらです。

冥王星は、強い強制力を伴うので、逆らえば

かなり傷付くことになります。

様々な肯定的自覚を得るまでは、憤慨したり

自分自身の境遇に対していたたまれないことも

あるかも知れませんが、逆らいようのないものなら

乗ってしまうしかありません。

このような態度を「乗り切る」と言います。

第7ハウスから第12ハウスをざっと見ていきます。

冥王星は、内容も大切ですが、世代的な影響なので

より個人的に考えるには、存在するハウスで

考えた方が利用し易いでしょう。

sponsored link

第7ハウスに冥王星がある人は、

パートナーとの関係性に大きな影響を

受ける自覚が必要です。

パートナーに人生を乗っ取られるような

勢いで影響されるので、自分自身でコントロール

可能な天体が示す内容を磨き上げることで

高次の力となり得ます。

癖が強くても人間味のあるパートナーと

出会うために、必要な努力です。

そもそも第7ハウスにある冥王星は、あなたの

どこかの部分を絶対的に改革するためにあります。

自分自身で良い改革の端緒を付けることで

有意義なパートナーを引き寄せるのです。

第8ハウスに冥王星がある人は、

支配、被支配の働きが強く迫ってくるので、

自分がコントロールする側に立てるように

気を配ったり、努力を積み重ねることで

高次の力となり得ます。

これはエゴを満たすためではなく、

社会に対して有用な人間になるためです。

第8ハウスに冥王星があると、たとえその人を

不利益に追い込んでも誰かの役に立たせようと

するのですから、自ら立派な人材になることで

第8ハウスの冥王星を高次の力とするのです。

sponsored link

第9ハウスに冥王星がある人は、

受け売りではなく自分自身で興味関心に

対して探求することで、高次の力となり得ます。

第9ハウスを遥か彼方、つまり外国や精神世界と

捉えることが多いですが、個人がそこに見るものは

やはりその人自身です。

自分自身を望遠鏡にして、もしくは顕微鏡に替えて

ある価値に辿り着こうとするのです。

そのような性質を適当に扱うと、借り物の答えを

信じ込むような姿勢になって、精神を支配されて

しまいます。

第9ハウスに冥王星がある場合は、自分自身で

探求すべきです。

別に生活を捨ててまでする必要はありませんし、

そのような配置であれば、探求に必然性がありますから

能動的にコントロールして取り組めば良いのです。

ハウス別、冥王星を追い風にする立ち方、その3は、

こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。