佐野岳さんに学ぶ、合わない金星の生かし方

佐野岳さんは、太陽と月は牡羊座ですが、

金星は魚座という、奥さんにしたいタイプと

恋人に求めるタイプがまるで違うのですが、

この金星は海王星とギリギリ、セクスタイルを

作っています。

これは、非常に繊細な性質を表すアスペクトで、

感情表現が細やかになります。

魚座自体も、サビアン度数魚座25度なので、

とても純粋さに価値を置きます。

思っている心が綺麗であることが、何よりも

大事であるという価値観です。

sponsored link

しかし、どんなに思いが純粋でも、

生きていく以上は、結果を整えていかなくては

生活や仕事は滅茶苦茶になってしまいます。

多くの人は、それが分かっているので、

体裁を整えて自分の気持ちを後回しにするのです。

金星は、人生の喜びとして、とても大切ですが

佐野岳さんは、俳優業を通して、この潔癖過ぎる

金星を生かし切ろうとしたのではないでしょうか。

太陽と月のサインの組み合わせは、もうほとんど

その人全てと言っていいくらいを

構成してしまいますが、その内容とあまりに

かけ離れた金星を持つ佐野岳さんの苦悩は

恐らく計り知れないものがあります。

それでも太陽と月が牡羊座であれば、

うじうじとするわけにはいきません。

全力で金星魚座を生かす道を探されたと思うのです。

しかも佐野岳さんの金星は、魚座25度で

魚座の完成した姿です。

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募して

チャンスをつかんだ佐野岳さんの姿勢には、

とても学ぶものがあります。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。