和田正人さんの演技力の秘密

様々な演技がしっかり出来る俳優さんに共通して

言える部分は、構成する形は、それぞれですが、

沢山の人格を必要とするということです。

これがないと、何をやっても、その俳優の

個性が前面に出過ぎてしまって、

当たり外れが大きくなります。

こういうタイプは、時代にはまれば顔になる人です。

和田正人さんは、色んな役を必要とするタイプです。

気になるのは、実業団の陸上選手から、俳優への

転身を図るという和田正人さんの気持ちです。

sponsored link

陸上競技は、様々なスポーツの中でも、競技の

性格上、更にストイックです。

太陽が乙女座なので、ある意味分かります。

和田正人さんが、自分は陸上選手として頂点を

極めたわけではないという言い方をしていましたが、

火星が蟹座なので、身体能力が高くても

難しい側面があります。

水星や木星が獅子座なので目立ちたい気持ちは

あるかも知れませんが、補助的な要素です。

和田正人さんは、陸上競技が出来ないのなら、

演技と考えたのなら、かなり本気の

興味の持ち方です。

心の奥でやってみたいと感じていたわけですから。

水星的興味、金星的楽しみと考えると

太陽と金星のコンジャンクションンがあります。

これは、芸能関係の仕事に向きます。

それよりも何よりも、和田正人さんの太陽と

金星のコンジャンクションンは、太陽も金星も

サビアン度数乙女座2度なのです。

ここに和田正人さんの人格の多彩さ、沢山の人格を

演技出来る理由があります。

sponsored link

箱根駅伝に出られるほどの陸上選手と俳優が

両立出来るのです。

どのようなサインでも、サビアン度数2度は、

全力で新しいサインに突入した1度の反動で

それまでのものが崩れたり、分解したりして

まとまりを失います。

和田正人さんは、乙女座の2度なので、

乙女座らしく細かく自分の資質が分類されるような

状況になります。

そのような度数が太陽と金星でコンジャンクションを

作っているのです。

和田正人さんの中には、沢山のカテゴリーが

存在していて自分自身の資質が別々に

仕舞われているのです。

そのような意味での人格の多重さが演技に

生かされているのだと思われます。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。