なぜ、今、岡村靖幸さんなのか。

岡村靖幸さんの太陽サインは、サビアン度数

獅子座22度です。

この度数は、獅子座らしいハイな状態から

素に戻る方法を示すことが目的になります。

しかし、救済とかではなく、一度盛り上がってから

落ち着いた状態に着地する落差に含まれる

気分のようなものを示すのです。

結論を先に言えば、岡村靖幸さんにとって

作品は、そのような要素を表現するものになります。

これは、実に火の固定サインである獅子座らしい

閃きの捉え方です。

sponsored link

このような閃きは、非常に高度な霊的なものから、

普通に漂うものまで様々なものがあります。

何をつかむかは、その人のジャンプ力次第です。

ですから、知っている人は、知っている

岡村靖幸さんの過去のことも、このサビアン度数なら

ありなんですね。

そのようなサビアン度数を持つ岡村靖幸さんの

太陽は、海王星のスクエアになることで、

ミステリアスな要素をしっかりと引き込んできます。

岡村靖幸さんに対するこのアスペクトの働きを

海王星特有の陳腐な混乱と捉えると、彼の

魅力は分からなくなります。

岡村靖幸さんの太陽サインが海王星から

引き出したい要素は、猜疑心を持った優しさです。

色んな優しさがあります。

誰もがストレートに甘えたり甘えられたり

出来るわけではありません。

優しさを信じられないのではなく、

少しばかり疑ってかかるのです。

何故、今、岡村靖幸さんなのか?

sponsored link

岡村靖幸さんには、天王星と冥王星の

コンジャンクションがありますが、

この集団的アスペクトは、数年前から

働き始めているのです。

いつも月で書いていますが、太陽サインから

与えられるものを個人が受け止めるには、

受け皿が足りません。

ある程度、刺激を受け止め切ってから、今度は

形にして世に出すまでのタイムラグが、

数年必要だったということです。

集団的な流れの中でも才能のある人は、目立つのです。

岡村靖幸さんには、水星、火星、木星の小三角が

あって、説得力を持つように努力する形です。

このような資質も岡村靖幸さんらしい優しさを

伝える力になっています。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。