内村光良さんのコントの魂

大晦日の紅白歌合戦の総合司会に抜擢された

ウッチヤンこと、内村光良さんも、

天王星と冥王星のコンジャンクション世代です。

ある一つの世代を一括りにするようなアスペクトは、

数年前から、このグループの人たちに

追い風を送っています。

それに乗れるか、どうかは、やはり個人の

様々な能力が大切です。

内村光良さんの太陽は、牡牛座の木星と

セクスタイルです。

sponsored link

木星が太陽サインを人脈を通してバックアップ

してくれます。

その太陽サインのサビアン度数は、蟹座30度です。

蟹座という共同体から離脱しなくてはなりません。

蟹座から離れるためには、恋愛と同じで

別れたい相手にしがみついては駄目です。

蟹座にしがみつくよりも、まず心理的な距離を

置かなくてはなりません。

そのためには、蟹座全体を外側から突き放して

見る必要があります。

悩みや辛いことがあっても笑い飛ばして

立ち直ろうとする姿勢がありますが、

それと同じで、それまで愛着していたものと、

別れるには、笑い飛ばすしかありません。

サビアン度数30度の難しいところは、だったら

別れれば良いということにならないところです。

なぜなら30度であっても、蟹座だからです。

そうなってくると、次の獅子座と言う新しい理想や

個別の素晴らしい価値を目指したくても

目指せなくなります。

この度数の太陽サインとしては、心理的な距

離をキープすることで、蟹座全体を

観ることが出来る能力を使って、

蟹座らしく多くの人から受け入れてもらおうと

することが理想になっていきます。

普通の恋愛であれば、相手と親しくなるために

心理的な距離を縮めたいから、笑いを用いますが、

サビアン度数30度の笑いは、心理的な距離を

作るために笑いを利用するのです。

sponsored link

サビアン度数蟹座30度だけを考えると、

実際にどのように用いるのか、難しい感じが

しますが、内村光良さんを通して学ぶと

非常に理解をし易いと思います。

内村光良さんは、そのような笑いを整えるような

サビアン度数双子座の23度の金星や

サビアン度数双子座の25度の火星を持っていて

無駄なものを取り除いて、エッセンスだけを

表現することが出来ます。

表現の仕方としては、水星と金星がセクスタイルなので、

子供も楽しめるようなセンスになります。

内村光良さんは、よくちびっ子にメッセージを

送っていますが、まさに訴えたい相手なのでしょう。

金星と火星のコンジャンクションの持ち主なので

本来であれば、大恋愛タイプですが、

ちびっ子目線なので、そのような情熱が

コントにおけるキャラクターの発想等に

向かっていくのかも知れません。

金星と火星の組合せは何かと恋愛が大好きな

タイプが多くなりますが、知性の働き方によっては、

青春時代であっても、そのエネルギーが

興味関心に向かうことも多々あるのです。

ただし、何かのきっかけで、本当の恋愛に

スイッチが入ると凄いことになり、

金星と火星の本領を発揮します。

水星はあまり重要視されませんが、知性のタイプで

方向性が変わるので、個性を考える時には

やはり大切です。

内村光良さんの水星は、サビアン度数獅子座21度~

25度に分けられるグループに含まれます。

これは環境に関係なく自分の創りたいものを、

作れるようになった、獅子座のグループです。

太陽サインが示す蟹座30度の笑いという理想や

無駄を省いて、重要なポイントを引き出す能力、

蟹座という世界と水星と金星のセクスタイルの

子供目線の親和性等々、様々なものが、

コントの世界に繋がっていきます。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。