香取慎吾さんに学ぶ働きながら成長するバランス

失敗しても成長していける人、成功しても

成長に結び付かない場合、色々ありますが、

前進し続けていくには、良い面を生かすための

バランスポイントが機能する必要があります。

仕事に向き合う気持ち、姿勢みたいなものは、

第6ハウスで考えます。

sponsored link

香取慎吾さんの第6ハウスの始まりは蠍座です。

単に一生懸命というのではなく、自分の限界を

超えるような感じで仕事に取り組みます。

香取慎吾さんの第6ハウスは、蠍座が55%で

残りは射手座です。

蠍座的に、ジャニーズ事務所が与える仕事に

全力で取り組んでいた時代から、射手座らしい

自由な開放感のある働き方に変化していくという

見方も出来ます。

どちらにも共通して言えるのは、仕事を通して

今の自分を超えていきたいという気持ちです。

そんな香取慎吾さんの第6ハウスには、天王星と

海王星があります。

これは、どちらも自分なりの感覚やリズムに

行動が支配されるので、ある程度、仕事のやり方に

融通がきかないと無理ですし、スケジュールを

守るためには、誰かのフォローが必要かも

知れません。

sponsored link

そして、第6ハウスの支配星である冥王星は、

第5ハウスにあります。

第6ハウスの支配星が第5ハウスにあると、

働くことが趣味みたいに感じられます。

不平不満がある人よりも、このような姿勢の人が

好感を持たれ易いのは、当然ですが、

香取慎吾さんの場合は、ここに冥王星があることで、

第5ハウス的無邪気さのコントロールが

少し難しい面があります。

極端に働く冥王星が入ることで、良く言えば

いつまでも無邪気であり続けられる面と

中々大人になり切れない部分が同居する

傾向がかなり増大するのです。

これだと仕事をする上で、常に保護者のような人が

必要になってしまいますが、香取慎吾さんには、

ちゃんとフォローするものがあります。

このポイントは、香取慎吾さんの幸運というか、

凄いところの一つです。

香取慎吾さんの冥王星は、第3ハウスの土星と

セクスタイルです。

この土星は、マイナス側面を抑えてくれる上に、

第6ハウスの天体や支配星の持つ気ままさから

生まれ易い大人になり切れない部分を

しっかりと成長させてくれるのです。

ですから、香取慎吾さんは、幾つになっても

アイドルらしさを保ったまま大人になっていけます。

無理なく良い部分だけを出し続けられる

バランスを自分の中に持っている人は

強いですね。

このようなバランスは占星術的に作り出せる場合も

あるので、成功と失敗を繰り返して中々前進

出来ない場合は、整えてみるのもありかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。