好きかもと感じるアスペクトの注意点

自分の月と火星のアスペクトがある異性は、

気になる相手ではあります。

このようなアスペクトがると、

普通の会話をするだけでも、何となく

心地良く感じられるので、容姿が好みだと、

好きになって当然かも知れませんが、

元気がもらえる関係なのか、

本当は、イライラさせられる相手なのか

その線引きが、難しいところがあります。

sponsored link

セクスタイルやトラインの場合は、

関係の浅い友人関係のような時期は、

気持ちに心地良い刺激があって良いのですが、

疲れてくると月は、とてもナーバスに

なりますから、元気な時には、

心地良い刺激であっても、自分が

弱ってくるとそれさえも煩わしくなるのです。

火星サインは、瞬間的に圧力のあがる天体ですから

何かがあれば、印象はガラリと変わります。

ソフトアスペクトであれば、普通にしていれば、

心地良い関係ですが、相手の火星サインの本領は、

目的に向かって集中し出したり、やる気を

出している姿が本来の様相なので、

これだけのアスペクトであれば、友人関係に

留めておくのが無難です。

これをきっかけに、もっと良い繋がりが

ないのか、確認するのはありです。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。