何か違うと感じる人と深い仲になってしまうタイプのアスペクト 、2

その1の続きです。

そうなると本当に好きかどうかが、二の次に

なってしまいます。

何か違うから別れたいと思っても、

愛情に対する自分の役割から逃れられないのです。

このような心理的な負担を酒等の飲食物で

誤魔化す、薄めようとする人が多いのも

副次的な特徴かも知れません。

sponsored link

他にも過激な刺激を求める場合もあるようですが、

人それぞれですので、割愛します。

自分自身のこのような心理的傾向を

漠然と感じ取って、好きな人、異性を

出来るだけ距離をとって、ひたすら趣味に

エネルギーを振り向ける人もいますが、

どこかのタイミングで、そのような関係に

陥るものです。

根本的な問題は、好きな人よりも、

愛情に対する役割を選択してしまうことに

あるのですから、異性と距離をとっても

意味がないのです。

この役割を放棄出来た人は、とても幸運な人です。

異性との愛情関係でこの役割を放棄するのは、

とても難しいものです。

sponsored link

趣味ならば、どこまで追求しても無難ですが

心を満たす部分が異なるので、同列に

比べることは出来ません。

このアスペクトだけで、その人が、

どうなっていくか結論は出ませんから

思い当たる節があれば、誰かに相談して

みるのもありかも知れません。

好きな人を何度かスルーしてしまって

今度こそと思っても、次のタイミングは

突然やって来ます。

その時に、「好きという心」にチャレンジ

出来るかどうかは、準備も大切です。

心の癖は、ここ一番の時に顔を出しますから。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。