月を使ってパートナーと出会う視点

多くの人は、ストレスを抱えて生きています。

無意識に飛ばした憎しみが、見えない

攻撃性となって、飛び交っているからです。

現実社会では、少しくらい鈍い方が有利です。

一々そのような波に反応していたら、

生き方が狭くなってしまいます。

そのようなものに対して、どのように

反応するかは、月のサイン、度数、アスペクト、

ハウスから考えることが出来ます。

sponsored link

現代人は、気持ちを守るために自然と

自分を鈍くします。

自己防衛としては、正しい手段ですし、

一つ一つに気持ちが何かに引っかかっていたら

前に進めません。

純粋な若者は、このような姿勢を、「汚い」と

批判しますが、仕方がない部分です。

自分をどれくらい鈍くするのかという程度の問題が

ありますが、もっと大切なことは、自分を

癒すため、リフレッシュさせるために

時々は、繊細な状態に戻さないといけない

ということです。

月の状態をリセットして、可能な限り

素の状態にするのです。

それでも、月の年齢域(0歳から7歳)のように

なるわけもありませんし、なる必要もありません。

気持ちを守るために自然に出来てしまう壁に

少し穴を開けるようなものです。

汚い話ですが、歯科医院で行う、歯石取りみたいな

ものかも知れません。

sponsored link

自分を守るために、様々なものを気持ちに

厚塗りし過ぎると、気が付いたらしわくちゃに

なっていたということに成りかねません。

気持ちも呼吸をしているのです。

栄養や酸素、日光が必要です。

パートナーとの相性が良ければ、一人では

不可能な運命の開き方が可能になりますが、

パートナーは、神様ではありません。

自分の気持ちは、自分で育てないと

良い出会いを失くすことだってあります。

パートナーをストレスのゴミ箱のように

扱うのは、論外です。

月は理屈ではなく、無意識に反応するだけなので、

月のコンディションを良くしないと、

本当に必要なパートナーには出会えません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!