幸福の可能性の探し方

絶望は、自分の価値に対する不安が

根底にあります。

恋愛、仕事、人間関係を恐れる根本的な理由は

それらを失敗することで、自分の価値が

下がったように感じられるからです。

何かについて悩み出すと、それについて

考え始めますが、案外とそれが曲者だったりします。

なぜなら、どんなに考えても自分で自分の

価値について証明することは出来ないからです。

sponsored link

「心が壊れるかどうかの決定的な違い」

「自分が作り出した証拠の鮮度がある間に

自分自身のポジションを、目的の場所、

必要な場所に移動させてしまうのです」

と書きましたが、移動先は、大雑把に

言ったとしても、悩みと同じで

恋愛、仕事、人間関係にあるのです。

ですから、どんなに悩んでもそれらを

否定することはあまり意味がありませんし、

一つを肯定して他を否定するのも、移動先を

減らすだけで何のメリットもありません。

悩み出すと、今、やれる範囲のことは

全てやり尽しているように感じがちですが、

絶望したり、死ぬほど退屈だったり、実際に

楽しめることは、もうないように思えたりしたら、

自分の太陽サイン以外の価値を使うことが

お勧めです。

その中でも、調子が良い時は、邪魔に思える

180度反対のサインの価値を使うことが、

特に有効です。

調子が悪い時は心が固まって気持ちが上手く

動かない時ですから、対抗サインの力で、

固まった自分を一度崩して、心の中心に

エネルギーを注ぎ込むのです。

sponsored link

例えば乙女座の場合です。

乙女座の性質が強く働き過ぎると、無駄と

思えるものを整理し過ぎて、大切な気持ちまで

削ってしまう場合があります。

かと言って、乙女座が感情のままに振る舞えば

それは、単なる退行したことを意味しますから、

180度反対である魚座の力を利用して

一度片付けた枠を崩して、出来る限り

無秩序な状態にしてみるのです。

それでも乙女座は防衛本能が強いので、

大したことにはならないものですし、

そのことで仕事、恋愛、人間関係に何かしらの

風穴が開けば、そこからエネルギーが

入ってきます。

太陽サインは、理想に対するGO、STOP

みたいなものですから、微妙なところは、

他の感受点と応相談です。

以上は、横の移動先で、仕事は諦めて結婚とか

結婚を諦めて仕事取るとか、仕事と家族と

どっちが大切なんだとか、なりがちですが、

移動先を縦にすると、そのような対立も

起こり難くなります。

仕事であれば、能力と気持ちをどのような

バランスで移動するのかということです。

能力だけ、気持ちだけという考え方では

行き詰まり易くなりますし、選択を極端に

振る時は、だいたいにおいて他に動機があります。

これは、恋愛も人間関係も同じです。

横と縦のバランスをある程度、考慮して

精神や心、気持の行先を決めれば、どこかしら

取りあえずの移動先は見つかるものです。

ちゃんと移動出来れば、自分の価値は上がります。

それは、自分に対して可能性を示したことと

同じだからです。

自分の可能性を探さない人は、他人と自分を

悪い意味で比較したり、他人を苛めることで

自分の価値を上げようとしますが、効果は

ほんの一瞬ですし、狙った相手を間違えば

自分自身が逆の立場になってしまいます。

自分自身の可能性を見出せる人は、簡単に

絶望しませんし、それどころか、その過程は

とても楽しいものです。

感受点別の移動方法もあるので、多層的に

展開も出来ますから、どこかしら実行可能な

希望はあります。

そのような視点でホロスコープを見直して

みると案外使えるものです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!