月の12サイン別、嫉妬や憎悪を癒すポイント

月と土星を使って嫉妬や憎悪を癒す視点

書いた第1ハウスから第12ハウスに

月がある人のポイントを「A」とすると

サイン別の月のポイントは「B」になります。

嫉妬や憎悪等をと土星で癒す単純化した公式は

「A」×「B」×土星サインです。

今回の記事は「B」の部分です。

例えば、第5ハウスの乙女座の月で、

土星が牡牛座であれば、料理やお菓子を作る趣味を

ルーティンワークにするという感じになります。

このようなすっきりした形から、こぼれ落ちた

嫉妬や憎悪については、別記事で扱いますが、

癒されるためには、まず、嫉妬や憎悪の

泥水から出てから体を洗わないと、絶対に

綺麗にはなれません。

取りあえず今回は「B」です。

これは、あまりに単純な当てはめ方で、

具体的には、様々なバリエーションがあります。

sponsored link

牡羊座の月であれば、

自分にとって良い閃きを得られる人間関係や

物、場所を選択することがポイントです。

牡羊座の月は、閃きに導かれます。

土星サインとの絡みにもよりますが

疾走感が導く場合もあります。

牡牛座の月であれば、

自分にとって良い感覚を得られる人間関係や

物、場所を選択することがポイントです。

フィーリング命の月です。

双子の月であれば、

落ち着く人間関係、集中し易いを物、場所を

選択することがポイントです。

双子座の月本来の好奇心のクオリティが上がります。

蟹座の月であれば、

自分が安心出来る人間関係や物、場所を

選択することがポイントです。

獅子座の月であれば、

自分にとって高揚感を得られる人間関係や

物、場所を選択することがポイントです。

逆に、理性的判断では、どんなに

素晴らしくても気分が、盛り上がらない

選択は、何も良いことがありません。

乙女座の月であれば、

繰り返しに耐えられる人間関係や物、

場所を選択することがポイントです。

現実は、流動的で不安定なものですが、

それでも決められたパターンを作り易い

人、物、場所を得られることが乙女座の月を

癒します。

裏返せば、自分と他人をきちんと分けられる

線引きの確保が必要なのです。

sponsored link

天秤座の月であれば、

自分にとって美しいと感じられる人間関係や

物、場所を選択することがポイントです。

今より洗練された状態にステップアップすることが

大切です。

蠍座の月であれば、

自分の本音を出しても大丈夫な人間関係や

自分の分身のような物、場所を選択することが

ポイントです。

射手座の月であれば、

自分にとって何かしら学ぶことがある人間関係や

夢中になれる物、場所を選択することが

ポイントです。

山羊座の月であれば、

今よりも社会的な価値が高い人間関係や物、

場所を選択することがポイントです。

そのようにすることで、防衛本能がもたらす

緊張感が緩みます。

水瓶座の月であれば、

自分にとって気持ちの出し易い人間関係や

物、場所を選択することがポイントです。

水瓶座の月は、エスカレートすると

自分の気持ちが無いような状態になりますし、

調子が良い時でも、自分の感情を上手く

扱えてはいませんから、癒されるためには、

素の気持ちを引き出してくれる存在が

必要になります。

魚座の月であれば、

押し付けがましくない人間関係やナチュラルな物、

自然の多い場所を選択することがポイントです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。