母親から、どのように愛されたか確認する方法

母親から、どのように愛されたのかは、

第9ハウスの状態を見ると、ある程度

想像することが出来ます。

正確に言えば、母親から愛された結果

どのような考え方をするようになったか

ということが分かります。

sponsored link

しかし、そこから、どのように愛された結果

今の自分が第9ハウス的な考え方を

するようになったのか、推察することが

出来るのです。

第9ハウスのサイン、天体、第9ハウスの

支配星がどこにあるのか、等々考えることで

自分の思考の生理みたいなものの姿、

つまり母親が認めてくれた自分の姿、

もっと言えば、母親のまなざしを

理解することが出来ます。

他の人の母のまなざしを例にあげても

何が何やら分からないかも知れませんが、

ある宗教を支えとして頑張っている

鬱病の方の母親のまなざしを書いておきます。

この方は第9ハウスに火星があります。

ここに火星があると自分の考えを他人に

押し付けることが多くなります。

実際に、この方は、何から何まで

母親の指示に従って育ったそうです。

sponsored link

今は、立場が変わって、痴ほう症に

なってしまった母親を無理矢理、

自分の宗教法人に連れ出しています。

第9ハウスの支配星は、第5ハウスです。

学ぶことに対しては、とても許された

環境だったそうです。

母親から、かなり自由な状態を容認されて

育ったことが窺える状態です。

自分の考え方を抑えるということは、

考えない姿勢が身に付いているので、

その辺りも鬱っぽくなってしまう

要因だと思われます。

このようなことは、当事者と言葉を

交わしながら、様々なことを想起する

材料としての扱いなので、自分に

実感がないとピンとくるものではありませんが、

自分がこのように考えるようになったのは、

こうだったかなという視点で捉えると

かなり有意義です。

母親にどのように愛されたか、もう一つの実例はこちらです 。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!