第12ハウスと自殺の関係と魂の相性、その1

自分が死んでもこの世界が何も変わらない

という考えは、正しいと思いますか?

結論から言えば、間違いです。

戦争で人は、殺し合ったりします。

そこに正義はありません。

様々な事情があって、生き残りたい存在が

いるだけです。

そして願わくば、より快適に、他人よりも

優位な状況で生き残りたいのです。

そこには、嫉妬や憎悪が渦巻いています。

非常に残念なことですが、そのような渦は

あちこちで発生します。

sponsored link

大きなものから、小さなもの、サイズ感は

色々ですが、誰かが命懸けで消しても

また、どこかで発生します。

何故かと言うと、様々な想念が

人から放射されて、それらがぶつかるからです。

人の最終形態は、第12ハウスのような

その人のエッセンスみたいなものに

集約されます。

肉体も感情も時間も抜け落ちてしまって

ある種の成分になってしまいます。

子供は魂が入って間もないから、自分の体の

あちこちをいじって確かめます。

はしたないと言って怒る大人は、自分の体に

慣れてしまったから、性的なフィルターを

通して嫌悪するだけです。

死んでしまえば、肉体に何の意味もありません。

人は、第2ハウスでやっと肉体に馴染みます。

第12ハウスまで来ると、時間も空間も

失って、無の一点を超えて、

その人のエッセンスだけになってしまいます。

まるで霧のようなものです。

生きている他人から見えず、何にも触れることも

出来ません。

sponsored link

剥がれ落ちた記憶の欠片が、父親を認めても

声も出せません。

肉体を持つもものと思いだけになったものを

分ける液体の流れを挟んで、それぞれ反対方向に

歩いていかねばなりません。

その時に人が認めるものは母親ではなく、父親です。

ところが、姿が変わったあなたに父親は

気がつきません。

あなたは、叫びは、音を持ちません。

もう一度やり直して、肉体を手に入れて

同じ世界に出て来ないと、誰にも見出して

もらえません。

肉体がなければ、この世界を支える思いを

放射することが出来ません。

その2に続きます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。