月にエネルギーを充電する姿勢

第1ハウスは、その人の生存のハウスで、

一度生まれたから終わりではなく、

日々、更新されますし、月のサイクルであれば

約28日で生まれ変わります。

月は幸運をつかむだけではなく、生命エネルギーを

更新する役割もあります。

このエネルギーをチャージは、偶然に

与えられるものではありません。

月とという無意識に受け皿にエネルギーを

チャージするようなアクションが大切です。

月の環境をを整える自発的な意思が

必要になります。

当たり前ですが、人それぞれ個性が違いますから

月の受け皿にエネルギーを注ぐ方法も異なります。

月に対して水星から土星までの天体の影響が

強い人は、太陽のサインを中心にした

エネルギーの補充方法を確立すると早道です。

月と冥王星の関わりが強い人は、土星を

生かしたエネルギーのチャージ方法を

育てていくと上手くいきます。。

海王星、天王星もそれに準じます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。