虐待から生き延びたら

虐待される子供の親との相性、月と火星のスクエア

虐待される子供の親との相性、月と土星のスクエア

書きましたが、これらは、生き残ったから

聞けたことであって、親から殺されたら

もう無理です。

頭を強打される度に、脳内で火薬のような匂いが

していたと言っていた人がいますが、

そのような人は、一歩間違えばこの世に

いないはずです。

親が子供を殺しても、早ければ2年か3年で

出所したり、場合によっては執行猶予です。

子供は、生き延びるしかありません。

sponsored link

家庭という密室に救いはありません。

親に対する甘えを捨てて、全力で生き延びる

しかありません。

そのような親は、本気で子供を潰しに

かかってきます。

生き残ることも地獄ですが、不思議なもので

親に虐待されても子供はなかなか自殺出来ません。

学校でいじめに合うと、死にたいと思っても

親に虐待されても、子供は自殺を連想しない

傾向があります。

恐らく心の底で親の愛情を期待する部分があるのかも

知れません。

様々な暴力で執拗にねじ曲げられた心を直視すると

かえって不安定になりますが、そこを乗り越えて

本当の愛があると思える可能性は生きている

限りゼロではありません。

自分自身に起こったことを理解し始めて

憎しみと怒りに捉われたら復讐すれば良いのです。

自分自身が親よりも幸せになることが、最大の

復讐です。

無償の愛はありませんから、わらしべ長者のように

少しずつ自分の何かと交換していけば良いのです。

大切なことは、少しずつです。

無理、無茶をしたら更に自分を損ないます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!