誰も自分を大切にしてくれないと感じたらチェックしたいアスペクト

月と天王星のスクエアがあると、幼少期に

愛着の対象となる人や物との別離を

経験することが多く

「誰も自分を大切にしてくれない」

という感情に捉われ易くなります。

このような気持ちを無意識に抱えているので

月が意味する気持ちや身体に関して

過剰にコントロールするようになりがちです。

sponsored link

占星術的に天王星が持ち込む引き離す作用は

月という最終的な受け皿のどこかに穴を

開けてしまうので、このアスペクトがあると

その気になる一点を基準に情動パターンが

組み立てられます。

普段はにこやかに振る舞っていたとしても

長じると自分が苦しんできたこの亀裂に、

親しい誰かが落ちてしまう可能性もあります。

まるで誰かが砂浜に作った落とし穴

はまるみたいな感じです。

このような見捨てられ観は、心の傷であると

同時に感情の破れから常に明るい気持ちが

漏れ出ていくような感覚に襲われます。

多少変わった趣味になったとしても、穴の開いた

月を視覚化して、その亀裂を埋めるような

楽しみを見つけることで安定感が出て来ます。

他の被虐待的パーソナリティーと月のアスペクトは、こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!