ボロボロという感覚に能動的に対応をする牡羊座の土星と12サイン別の月(牡羊座から蟹座)

12サイン別、ボロボロという感覚に

能動的対応をする土星(牡羊座から乙女座)。

牡羊座土星に対応する月のサイン別です。

土星を使ってボロボロな気持ちや体を

能動的に安定させることが出来ます。

当たり前ですが、月のサインによって、

対応は変わります。

牡羊座の土星で、月をフォローする視点なので

月サインがなんであれ、自分の可能性を追及する

姿勢を保つことで、月の受動性が引き起こす

虚しさや空っぽさに縛られずに、月がきちんと

全ての土台になります。

sponsored link

土星が牡羊座で月が牡羊座の場合

牡羊座の月という気持ちや体が、ボロボロだと

極端に凹みます。

これは、厄介です。

牡羊座の月がボロボロになったら、底に着いてから

上がるのを待つしかないので、凹む前に

安定を心がけるしかありません。

牡羊座の土星の安定した力が、同じサインの月を

守るには、好みの性質自体に矛盾がないので、

出来るだけ遠くを見ることが大切です。

具体的な目標は、一里塚と考えて、抽象的な姿勢を

感じつつ頑張っていくのです。

この抽象性は、土星牡羊座×月牡羊座の人にとっては

ロマンです。

芸術系の目標を管理することが、月の安定に

繋がります。

土星が牡羊座で月が牡牛座の場合

牡牛座の月が落ち込んだ時に、牡羊座の土星で

フォローするのは大変です。

牡牛座の月も落ち込む前に、牡羊座の土星が

日頃からしっかりと働くことが大切です。

牡牛座の月が好む五感を通した方法を用いて

土星視点で取り組むことがポイントです。

文章にすると分かり難いですが、例えば

パンが好きだったら、土星の安定的な力を

用いてコツコツとパン作りやパン屋さん巡りを

するのです。

牡羊座の土星ですから、自分の好みを探求する

気持ちを感じながら行うのがコツです。

これを感じていれば、簡単にボロボロな気持ちには

なりません。

sponsored link

土星が牡羊座で月が双子座の場合

双子座の月がボロボロな気持ちや体になるのは、

飽きっぽさをこじらせるからです。

しかし、月は、無自覚ですから、飽きっぽいのは

変えられません。

この月をこじらせないためには、牡羊座の土星が

興味を持てるものから、一つだけ選んで、

それだけは、土星的にコツコツと取り組むのです。

この選択がボロボロな気持ちになった時の

避難場所になります。

掘り下げられるものが一つでもあれば、

こじれ防止になります。

土星が牡羊座で月が蟹座の場合

蟹座の支配星は月ですから、より繊細に

より傷付き易くなります。

これは、悪いことではなく、より蟹座らしい

ということですが、ボロボロな気持ちや体には

なり易い傾向があります。

無意識に相手の気持ちに寄り添ってしまって

傷付く場合があるのです。

この蟹座の月の気持ちがボロボロになる前に

月が安らげる環境や仲間を求め続けることで

不安定になり難くなります。

月が求める世界を、牡羊座の土星が、コツコツと

探求し続けることが大切なのは、どのサインでも

同じです。

関連記事は、こちらです。

№10、12サイン別、心と体がボロボロになる前に月のケア。 

№11、体をボロボロにしないための土星の使い方。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!