月という気持ちと体を土星で安定させる時のポイント

「12サイン別、ボロボロという感覚に

能動的対応をする土星」の

牡羊座から乙女座は、こちらです。

天秤座から射手座は、こちらです。

山羊座から魚座はこちらです。

ボロボロな気持ちやボロボロな体という

感覚は、ホロスコープの中の月の

コンディションが厳しかったり、

一時的に月が厳しい状態にある場合に感じられる

ものですが、土星でコントロールすることで

月を安定させることが出来ます。

このような状態で土星を使い続けると、土星サインが

その人のキャラクターになります。

裏技的なやり方ですが、自分の土星サインを

理解するのに太陽サインの解説を読むと

意外と納得出来るかも知れません。

sponsored link

このような読み方をする時の注意点としては、

月を土星でフォローすると安定して良いのですが、

土星では、夢が見られません。

正しい表現かどうか分かりませんが、欲や向上心

みたいなものがなくなるのです。

安心、安定を満たせば、それ以上は、

あれも要らない、これも要らないという感じに

なっていくのです。

安心や安全を望んでいたわけですから、

それで良いと言えば良いはずなのですが、

若ければ若いほど、発展する気持ちが

減退することは、問題があります。

太陽サインは月を安定させることは、向きませんが、

土星サインに月を乗せつつも、少し太陽サインの

意味合いも抑えて、発展的になる姿勢も月の安定を

壊さない程度に意識してみるのもありかも

知れません。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。