金星を通して考える母娘問題が恋愛に与える影響とその重要性

月という母親から生まれた、月という娘は

金星を通して恋愛をして結ばれ、再び

妻という月になって、月という子供を産みます。

母親と娘の一体感は、体も気持ちも月を通して

どこまでも繋がっているところにあります。

その一体感が幸福であれ、不幸であれ、

母と娘はれっきとした別人格ですから

どこかで区切られる必要があるものです。

適切に区切られることで、お互いが

より幸福になれるのです。

区切るためには、金星の恋愛が重要になります。

娘が母親との密着感に飲み込まれることから生まれる

空虚な気持ちから自分を守るためには、誰かを

愛するしかありません。

単に誰が好きとというよりも、女性自身の

真の満足感、幸福感のために愛する対象が

必要なのです。

sponsored link

愛する人と書かずに、愛する対象としては、

女性は、必ずしもその相手が男性や女性である

必要がないからです。

単に恋愛という意味合いではなく、女性の

真の幸福にとって金星の重要性は計り知れません。

母親との一体感が強過ぎる娘は、母親に

飲み込まれることで、母親に愛されていたとしても、

母親に飲み込まれてしまった自分という自己不在の

状態が虚しい気持ちにさせます。

この虚しさから逃れるためには、癒されるためには、

金星の働きが重要になるのです。

金星は受身の天体であって、愛されるための

指標みたいなものだから、愛するということとは

違うのでは?と思われるかも知れませんが、

女性の愛するという意味は、自分の好みの愛され方で

愛されることが動機にあるのです。

多くの結婚が幻滅を味わう理由は、男性パートナーを

どれだけ愛しても、自分の好みの愛し方を

してくれることは稀だからです。

その事実に気が付くと、母親との関係が悪い女性ほど

男性パートナーを激しく憎悪します。

その憎悪は本来、母親に向けられるべき

だったものです。

純粋に金星を満たし続けるならば、常にそのような

恋愛対象を選び続ける必要があります。

母親を背後に背負っている女性の不倫が

深刻になる理由もここにあります。

男性の恋愛が火星という衝動性を満たすものと

質が全く異なるのです。

火星は瞬間的に盛り上がるものであって、

安定的なものではありませんから、それが

満たされると、次のエネルギーがチャージされるまで

恋愛対象は不要になりますから、男性は同じ女性と

交際していても、毎回、異なるエネルギーを

発散していることになります。

火星の他にも9つの天体があって、それらの作用が

ありますから男性自身も全体性を維持しようと

努力しますが、火星だけに限って言えば

自分の火星に適した形であれば、

火星のエネルギーを解放する相手は毎回異なっても

良いということになります。

そうならないのは、全人格の統合のされかた

次第だからです。

sponsored link

ですから、結婚すれば真面目になるだろうという

期待はしない方が賢明です。

様々なタイプがあるのです。

母親との関係性が女性の幸福にどれだけ

貢献するかは、計り知れないものがあります。

女性の金星が綺麗に開花するかどうかは、

母娘の関係性という根っこがどれだけ、綺麗に、

しっかりと張られているかなのです。

ここを見落として恋愛を重ねても、恋愛上手に

なるだけで、根本的な満足感や幸福感に

到達することはありません。

どんなに好みの男性パートナーと暮らしても

母親との関係が悪ければ、家庭のどこかに不幸を

引きずるか、無自覚に本人がそのことに居心地の

悪さとして感じたりするものです。

いつまでも夫のことが好きで、幸福を主張しても

子供がいじめられたり、娘が離婚して戻ってきたり、

あげたら切りがありませんが、母親の

片付いていない問題を、今度は自分の子供たちが

持ち帰ってくるのです。

そして心の奥に隠された母親との問題は、

その女性自身を美しくしません。

一見、申し分のないような女性が婚期を

伸ばす理由は、隠された母親との関係性の問題を

表出させることを避けるためです。

子供を作らない選択も、それを含みます。

そのことに意識的であれば、それは選択ですから

善いも悪いもありません。

金星の有名人リストが女性ばかりな理由は、

女性に愛され方の好みの参考にして

欲しいからです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。