その人の太陽サインと生まれて来た意味

太陽サインのサビアン度数は、その人にとっての

夢の扉ですが、その意味を生かすには、自分の

中心に流れる物語を感じる必要があります。

占星術的な視点で考えても、その人を語る時に

大まかなポイントは、10個+アルファ

あります。

ブログで記事に書く時は、一つの要素だけを

取り上げますが、本来はあらゆる要素が

精妙に統合されて、その人の中心を

作り上げています。

統合されずにバラバラな状態は、居心地が

悪く不愉快ですらありますし、自分の一部だけを

長期的に使い続ければ、行き詰まりを感じ易く

なります。

sponsored link

その人の全てが動き出すような物語が必ず

眠っているのが魂みたいな部分です。

それが太陽サインでもあります。

肉体という制約は、現象としての自分を小さく

見せるかも知れませんが、それこそがまやかしです。

小さな現象の中に無限の動きを感じられなければ

どのような現実も詰まらないものになり果てます。

占星術的な視点で言えば、自分自身の感受点の

一つ一つに思いを巡らせることは、部分的な

調整のような作用があって、それはそれで

有益ですが、自分の中に流れる物語を

感じることで、生きている実感を得ることは

もっと大切かも知れません。

自分の中の物語を感じることは、寝ていた魂が

置き上がるようなものです。

現実の具体的な事柄は、調べたり、尋ねたりすれば

ほとんどが解決しますが、自分の気持ちが

流れ込んでいる物語は、自分で思いだすしか

ありません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。