好きなこと、向いていることで仕事運を向上させる方法

自分のホロスコープをきちんと分析することは、

ホロスコープの知識、基本的な読み方を抑えても

細かい部分を見落とすと、「あれっ」という

解釈に、ならないこともありません。

しかも、太陽サインを生きる前の個人の

キャラクターは、本人だけの資質というよりも

両親や周囲の影響が本人の資質の一部を

強調するような形で出来上がっていることが

多いものです。

天王星牡牛座の金運改革の本当の第一歩は、

自分の太陽サインを起動させることです。

sponsored link

実は、これはとても難しいことで、太陽サインを

しっかりと生きている人は、すでに仕事運や

金運をつかんでいる人とも言えます。

そのような太陽サインを実際に使うということは

自分の好きなことや長所を見つけて、

それに取り組むということです。

月の好きは、プライベートだけの問題ではなく

月が嫌いと思えば、生理的に受け付けないので

長期的に活動するならば月の好みは、大切です。

水星は、道具的側面が強いサインですが、

知性の働きには、向き不向きがあります。

金星は、何が楽しいかというメインの天体ですが、

やはり受身的な感覚です。

受身と言っても、楽しいことのメインですから

ここで自分の好きを検討するのは、重要です。

ここまでを肯定的に踏まえた上で、

太陽サインの理想を描かないと、付き合い切れない

目標になってしまいます。

天体だけではなく、他の感受点も考慮に入れて

考えていきますが、手っ取り早いのは、

自分の好きなこと、嫌いなことを、書き出して

みることです。

この作業を一定期間、続けると、ある程度

一貫性が表れて来ます。

ホロスコープだけで、好き嫌いや向き不向きを

考えると、読み手のセンスや解釈に当てはめ過ぎたり

思い込みから見落としたり、その人にとって

重要な感受点を考慮し忘れることで、ピントの

ずれたまとめ方になります。

sponsored link

好きなこと、嫌いなことを一定期間、

書き出す作業は、実人生からフィードバックされる

エッセンス部分を、短期間で収集するようなもので

非常に効率が良いものです。

最低でも一ヶ月は、継続して、その結果を

信頼出来る人とディスカッション出来ると

更に信頼性が増します。

そのようにして得た知見とホロスコープを

合わせて考えると、自分に向いていることが

非常に分かり易くなります。

他人から月部分は見え難いですから、他人から見て、

向いていると思っても、本人がそれを

嫌いであったりする場合もあります。

1、自分が感じる好きなこと、嫌いなこと。

2、信頼出来る人から見た向いていること。

3、ホロスコープの示す様々な感受点や

アスペクト、ハウスが示す好きなことや

向いていること。

これらを、ある程度時間をかけて検討することが

大切です。

自分の好きなことが理解出来るということは、

誰をお手本にすれば良いか分かることでもあります。

このことは、とても重要な部分であって、

自分の好きなこと、向いていることであっても、

社会のニーズとの接点を考えなければ、

仕事にはなりません。

ただ仕事運をあげたい、金運を良くしたいと思っても

中々そう出来ないのは、自分を理解するプロセスが

抜けていると、現実的に有効な手段を見つける

手掛かりがないのです。

逆に、これが見つかれば、誰にアドバイスを

求めれば良いのか、どのように行動の順番を

組み立てれば良いのか等々、現実に必要な

努力の方法を学ぶことを開始出来ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!