男性パートナーが生まれ変わる女性のタイプ

第12ハウスがインターセプトされている

女性で、第12ハウスのほとんどが双子座の

場合です。

第12ハウスが双子座の場合、ゲームやおもちゃで

気晴らしする人が多い傾向があります。

ただ、不思議なことにインターセプトされて

第12ハウスのほとんどが双子座である場合は、

ゲームにこだわるわけではありません。

第12ハウスのカスプが双子座であることが

第12ハウス的資質に影響を強めるのです。

ちなみに、インターセプトされた第12ハウスに

太陽サインがあると、夫に対して過保護に

なり過ぎてしまいます。

sponsored link

第12ハウスは、魂的な世界でもありますから、

夫が生まれ変わるような、胎児の状態に

なってしまうのです。

第12ハウスの解釈で、病院、刑務所等の

非常に古典的なものがありますが、実際に

長期的に入院したり、刑に服するというよりも

何らかの事情で中身がごっそりと

生まれ変わるような、不思議な生活状況になります。

男性パートナーの味覚や食生活が180度

変化したり、一度、第12ハウス的環境に

閉じこもることで、中身が激的に変化します。

まるで、夫を体内に入れて産み直すような

展開です。

男性パートナーに核となる部分が無い場合は、

非常に危険な女性でもあります。

現実から消えてしまう可能性もあるからです。

生まれ直しに耐えられるだけの何かを持った男性で

無い場合は、健康を古典的な第12ハウスに

閉じ込められる可能性も否定できない要素です。

インターセプトとではないですが、

第12ハウスに金星があるタイプの人の恋愛は

男女問わずに、非常に曖昧な人間関係を

恋愛関係に位置付けます。

本人的には、恋愛関係と思っていても

相手が、そう思っていなかったり、

恋愛対象になり得ない人との交流の中で

恋愛感情を昇華させたりする傾向があります。

続編は、こちらです。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。