結婚や仕事の成功が難しい親子関係

心にゆとりを作って、能力を1、5倍発揮する方法

書いたことを行うことが難しい場合があります。

子供は、親の価値観で自分の重心を決めます。

変な話ですが、愛は傷になります。

親の価値観、つまり親の持つホロスコープの

中心が子供の重心を作り出します。

この重心は、傷です。

愛の出入りする扉です。

その人が誰かを愛する時の、愛の噴出口です。

sponsored link

本気で頑張る時、怒りを感じる時、

誰かを心底愛する時には、この傷を燃やします。

だったら、それがあなたにとって

善いものなのかと言えば、それは人それぞれです。

愛や努力に裏切られる人は、与えられた重心と

その人が力を発揮出来る中心点がずれている

場合です。

ずれている人は、ずれている分だけ挫折してから

自分の中心点を探す日々が始まります。

ここが自分の中心だと感じるまで、かなりの

試行錯誤が必要です。

中心点を軸に回転することは楽ですが、

親に与えられたままの合っていないポイントを

重心にして、無理矢理に回転していると

それだけで大変です。

自分に不利な状況で他人と競ったり、

恋愛をすることになるので、合わない人に

アプローチしたり、適性の無い仕事に

飛び込んで行きます。

それでも愛は、自分を支えるあまりにも

重要な支えなので、これを置き替えるのは、

大変です。

大変でなくするには、理解するしかありません。

理解には、ある程度の経験が必要です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!