相性の価値、恋愛が素晴らしい理由

前世、来世というような今生を問題にしない

生まれ変わりではなく、今の人生を、良い意味で

生まれ変わらせるのが恋愛です。

自分1人の限界を超えるのが相性の力です。

水星の相性を書きましたが、付き合っていて

会話が楽しいこと、結婚して10年経っても

20年経っても、会話がなくならないことの

価値は計り知れないものがあります。

sponsored link

体の相性も大切ですが、いつまでもその相性に

頼ることが出来るものでもありません。

ウエイトは、次第に下がるものです。

付き合いが長くなると、良い意味で家族的に

なっていきます。

会話の相性で大切なことは、面白おかしく話す能力の

有無やそのような組み合わせではありません。

会話と書くと、言語的なコミュニケーションのように

感じますが、それが上手くいくのは、ある程度の

非言語的な部分の意思疎通が噛み合うからです。

男性的な会話を女性のパートナーに求めるのも

女性的な会話の内容を男性パートナーに

求めることも、成熟が足り無いかも知れません。

女性は記念日が好きですが、男性が記念日の

全てに好意的に反応するような期待を、

大人の女性はしないでしょう。

女性の潜在的な性的ニーズが、あるタイプの

アイドルに向けられることがありますが、

その部分に対して会話を共有することを

パートナーに求めるかどうかも、個人的な

問題でしょう。

水星の相性と言っても、そのようなことを

指すものではありません。

もちろん、大昔の男性のように、非常に

限定された言葉だけで過ごせば、人間同士の

意思疎通は図れないでしょう。

水星の相性が良いコミュニケーションは、

砥石のようなもので、ケンカしても最終的に

良い方向にお互いを伸ばしていくものです。

sponsored link

言葉の使い方によっては、一生恨まれます。

水星の相性が悪いと、そのようなことに

なりかねません。

生かす傷になり得ないのです。

その人間関係を継続しない前提で、

相性の悪い人に言われたことを、バネにして

頑張るということはあるかも知れませんが

プライベートに、持ち込まない方が良いものです。

自分の内側から生まれるエネルギーと

外側からぶつかってくるエネルギーの衝突点が

変化するポイントになりますが、良い成長を

遂げるには、言葉の相性は良い方がお勧めです。

突き詰めれば人は、言葉で出来ています。

言葉の相性は、豊かさも産み出せば、

限りない地獄も作り出します。

恐ろしいのは、言葉は、そこに本来ないものを

作り出して迷いの世界を作るからです。

この迷いは、自分が生み出した言葉であれば

あるほど、真実と虚と区別が付きません。

恋愛の始まりも継続も、幸せも、全て

コミュニケーションが握っています。

良い意味で生まれ変わる通路の一つとして恋愛は、

とてもお勧めです。

幸せの質が変わります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!