恋愛成就と水星の関係

本当に幸せを目指すと見なくても良いものが

見えたりすることがありますが、

それらを拒否することは、無力感に

繋がっていきます。

黒くぬめっていて、手応えのない状態で、

べったりと張り付いている何かです。

気持ち悪がっていたり、恐れても仕方がないので、

取りあえず自分なりに名前を付けて、

吐き出してしまいます。

無力感は、恋愛の邪魔です。

sponsored link

一つの無力感が全体であるかのように

感じられるのは、脳の癖ですが、

表現することでそれは、一部の問題であることに

気が付きます。

占星術的に言えば、大変なのは、ある天体の

一つのアスペクトであって、強い部分も

他にあるということです。

その大変さを表現出来れば、自分でケア可能です。

それが無理なら親しい人に話すことです。

例えば、自分の金星が初期度数であれば、

そのサインの基本的な性質を表現することで

精一杯かも知れません。

それでも、それを目一杯表現してみることです。

周囲にいる金星のサビアン度数が21度以降の

人が受け止めてくれるかも知れません。

楽しめなくても、安らぎを感じながら

落ち着いている人もいます。

金星的なことが苦手な人は、落ち着いて

取り組めば良いのです。

無力感に包まれてじっとしていることは

良くありません。

表現することで少しずつ改善していきます。

状況を一遍に変えようとしてもいけませんし、

変わることもありません。

特に金星という楽しみは、ガツガツしたら

分からなくなります。

金星の前段階に水星があるくらいですから、

トライしてみたことのフィードバックをしながら

進むことが大切です。

AよりもBが良かったというような試行錯誤が

必要なのです。

sponsored link

金星の楽しみは水星とコンビで考えてみると

良いかも知れません。

直接的なアスペクトがなくても、自分の感覚の

中で、それぞれを紐づけるのです。

自分自身が生まれ変わるような理想の自我を

得ようとする時に協調性のある水星と金星の

コンビは、とても助けになります。

水星の状態を確認して、金星を表現することで

金星の成長は、何倍も早まります。

金星が恋愛を表したり、愛し愛される時の

感性を司っていることを知っている人は、

多いと思います。

愛は表現されて初めて力を持ちます。

恋愛上手は、表現能力の高い人です。

変な例えですが、戦争で負ける技術的理由の

大半は通信ミスです。

伝えるって大事です。

もちろん伝える中身は、もっと大事です。

水星サビアン度数の内容が、伝わり難い人は、

好きな人に気持ちを伝える時に工夫が必要です。

告白の段階で失敗が多い人は、要チェックです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。