大口病院、連続中毒死事件

生年月日が分からないので、姓名判断記事です。

連続中毒死事件で久保木愛弓容疑者が

逮捕されました。

大口病院(現在、横浜はじめ病院)に

勤務していた元看護師です。

看護師さんたちから聞く病院のこの手の話は、

殺人事件に至ることは珍しくても、

恐ろしい話が多く、看過出来ない事件です。

20名ほど手にかけたと供述しているらしいですが、

この病院の不審死は50名ともの噂もあります。

sponsored link

このように発覚が遅れた原因は、久保木愛弓容疑者の

名前の画数がかなり良いからかも知れません。

総画数32画は、組織において疑われ難いような

吉数です。

要領良く仕事をこなすタイプです。

女性ならば、ある種の美しさが容貌に表れる

タイプです。

SNSに久保木愛弓容疑者が使用していたという

プロフィール写真は、綺麗な女性のものです。

これが本当であれば、失礼ながら本人映像とは、

ギャップがあります。

生年月日が分からないので、内面に関しては、

事実と照らし合わせて考えると、32画で

このようなギャップがあるのならば、

かなりのコンプレックス、しかも強い

愛憎の持ち主であることが窺えます。

あるべき姿で無い自分という感情です。

sponsored link

五行のバランスは土金土で、環境に馴染んで

成功し易いものです。

もし、50人の不審死が容疑者が手を下した

ものであるならば、悪いことで、この資質が

使われています。

5画とも吉数、大吉数ですが、苗字と名前の

同数は、スピード感を求める部分があります。

自動車等乗り物スピードではなく、性急さです。

物事の結果に早さを求めすぎて、急転直下

するような事態を招き易い構成です。

外角の15画は、責任感の強さが表れています。

この責任感が久保木愛弓容疑者自身の

コンプレックスに向けられたような感じがします。

本来は、看護師としての責任感なのですが、

看護師という立場で殺人を犯したということは、

自分の動機を満たしているのです。

苗字と名前の16画は、良い画数で、

真面目ですし、人に尽くしますが、16画の

闇は他人のエネルギーを吸うと言ったら変ですが、

真面目さの裏の顔です。

吉数ですが、強い数字なので、このような画数は

バランス的には一つが良いのです。

総画の32画も人絡みで作る運です。

他人の命、病院の評判等、様々なものを

吸い上げてしまった感じがするのです。

32画という木性の吉数が組織に張り付いて

命や評判を吸い上げていたようなイメージです。

生年月日が分かれば、恐らく多くの柔軟サインの

中に一つか二つ攻撃的なアスペクトが

あるかも知れません。

事件を起こした人の名前の多くは、弱さや

自己中心性を感じさせるものですが、

ある意味、社会的に成功しても良いような

名前だからこそ、大事件になってしまった

のかも知れません。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。