妻を殺害し埋めた銀行員の事件を通して伝えたい結婚前に確かめたいこと

妻を殺害して実家の庭に埋めたとされる

弥谷 鷹仁容疑者について考えてみました。

結婚後、どうなるかというのは、生年月日や

生まれ時間が分かっていれば、占星術で

考える方が詳細につかめますが、

姓名判断で簡単に考えてみることも出来ます。

sponsored link

弥谷 鷹仁容疑者は、旧漢字で総画52画で

決して悪くはありません。

五行の並びは、火、木、金で不安定な感じは

ありますが、これだけで自供内容のように

妻を絞殺したり、埋めたりするものではありません。

人格の31画と外角の21画が同系数の並びで

感情が表に出易い、爆発し易い傾向はありますが、

基本的には吉数ではあります。

地画が活発というか喜怒哀楽の激しい28画で

恐らく、姓名判断的には、生来の激しい気性が

今回の事件の引き金になっていると思われますが、

この28画数の金性が人格の木性を傷付けることで

自分自身の才能に不安を感じ易い状態が

窺えます。

今回は殺人事件ですが、DVにありがちな構図は

女性の言動が男性の不安を刺激することで

理不尽な暴力の引き金を引くことです。

そして、この記事を読んで頂いた方に

知って欲しいのは、結婚前に、相手の

苗字と自分の名前を繋げて姓名判断を

してみることです。

結婚後の名前で占うのです。

今回、殺害された妻の麻衣子さんは、

結婚後、旧漢字で44画です。

sponsored link

結婚生活が長くなるほど、この暗示は

強くなっていきます。

この画数は、数字だけで単独で考えると

恐らく全ての画数の中で一番悪いものです。

発狂、短命、身体の一部を損なう場合もあります。

生まれつきの名前なら、自分の資質に

慣れているので、五行によっては、

何とかなる場合や開けることもありますが、

結婚後、この画数になると、このような

境遇に押し込まれるので、たまったものでは

ありません。

案外、馬鹿に出来ない視点なので、結婚する前に

チェックした方が良いポイントです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!