結婚する前に結婚後を占う時の注意点

弥谷鷹仁容疑者の姓名判断をして、奥さんの名前は

侮れないと改めて思いますが、普通は、こんなに

ショッキングなことは少ないですが、

殺害された弥谷麻衣子さんの結婚後の画数である

44画について少し補足しておくと、

旧姓が総画の44画は、五行のバランスが良ければ

割と良い結婚をする場合もあります。

sponsored link

ただし、子供時代は本人に葛藤が多く、

他の家族から相談を受けたことがありますが、

五行が相性している44画でした。

しかし、五行の相性の悪い44画数の場合は、

親が故意にしたことで、手足をの一部を

失った人もいます。

はっきり言えば、占星術を使った方が

詳細に分かりますが、姓名判断には、

姓名判断の占える部分というのがあって

重宝するところもあるのです。

(ただ姓名判断は、シンプルな分、扱いが

非常に難しいかも知れません。)

アセンダントを通して、肉体に収まった時に

魂が肉体に宿って、先祖代々の才能や遺産を

引き継ぎます。

良かれ悪しかれ親の評判も引き継ぐのです。

ここで名前が関わらないわけがないのです。

風水は、第4ハウスの力をコントロール

することで、恋愛運や仕事運等々をあげる

という言い方も出来ます。

経験上、姓名判断は、結婚後の方向性の示唆

という点においては、非常に有用です。

ただし、画数の良し悪しだけで観ては、

絶対に間違います。

sponsored link

結婚後に五行が相性の総画35の女性で

夫の借金の尻拭いばかりしていた人もいます。

しかも、度重なる浮気付きです。

この詳細を書くと、それだけで1記事分に

なりますが、簡単に言えば、旧姓と結婚後の

名前の意味が正反対過ぎたのです。

加えて、自分の生年月日とも資質とも

合わない名前でした。

それでも名前の暗示の通り、良妻賢母を

するしかなくなったのです。

その人格改造を行ったのは、姑です。

結婚相手の選択に関しては、第7ハウスですが、

結婚生活は、第8ハウスです。

誰かが人格改造を行います。

この女性は、勝気でしたから、夫は自分に

従わせる自信があったのですが、頻繁に

姑が「息子にこれを、あれを」持ってくるのです。

自家用車も買ってくれたそうです。

挙句に土地まで用意されてしまっては、

正真正銘の35画になっていくしかありません。

様々なケースがありますから、画数だけで

判断することは止めて下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!