うつと月のアスペクト過多

ほぼ毎日、夕食を食べながら寝てしまうという

話を聞いて、ホロスコープを観ると、

月のアスペクトが非常に多くて、天王星以外の

天体の全てに全部繋がりがあるのです。

もっと言えば、アセンダントやドラゴンヘッドとも

アスペクトがあります。

sponsored link

この女性が夕食の頃に、眠くなるのは、

この月を満たすために、朝の5時から、

様々な活動を行ってから、出社するからです。

月は安心するための天体として

無意識にルーティンワークを行います。

それら全てを実行しないと安心出来ないので

非常に忙しいのです。

しかし、現実の生活において、全ての

手続きを行えない期間もあるのでは?と

思われるかも知れません。

全くその通りで、そのような時には、

激しくメンタルの調子を崩してしまうので

病院のお世話になるしかないようです。

長期の入院もしたことがあったそうなので

アスペクトが多過ぎるのも、構成によっては

大変かも知れません。

この方に関して言えば、金星のアスペクトも

適度にあり、外に意識を向けることで、

ある程度、内向きになり過ぎる煩わしさを

緩和している部分があります。

アスペクトは、心理的運動ですから、様々な

要請を感じることは、うるさいものです。

この方は、月と金星は、トラインで

繋がっているのでハラハラする部分があっても

何とか協調しています。

うつ関連記事のリンクです。

№1、隠れた精神的な行き詰まりと鬱っぽい感覚の改善について。

№2、鬱と第1ハウス、第2ハウス 。

№3、土星の鬱対策の注意点。

№4、鬱っぽさを抑える土星の働き。

№5、鬱っぽい気分と金星。

№6、鬱っぽさと母親問題。

№7、うつと月のアスペクト過多。

№8、頭が重くなる鬱について。

№9、原因不明の頭痛や麻痺について。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!