生きる実感を取り戻す太陽サインの使い方

普通に暮らせている時に、幸せを感じるとしたら

何かしら願いが叶った時かも知れません。

日常的な平和に関する感謝を忘れると、足元を

すくわれますが、それでも、今よりより良く

なりたいと思って未来を見詰めてしまうものです。

そのような理念は、個人としては、それぞれの

太陽サインに表れますが、実は、太陽サイン自体は

空っぽもしくは、無色透明と表すようなものです。

sponsored link

具体性のない理念ですから、如何様にも

姿を変えます。

そんな不確実性の高いものを、具体的にするのは、

水星や金星です。

水星は頭脳みたいなものなので、必須ですが、

個々の彩を加えるとしたら金星の部分です。

金星に関わることで具体的に育ててきた資質が

理念を実際的にしていく感性になっていくのです。

水星は骨組みみたいなものです。

太陽サインだけに注目しても、実際の

手足は水星や金星ですから、机上の空論みたいな

考えになりがちです。

人は、イメージで捉えた時に、初めて感情が

動き出します。

良いケースならば、モチベーションがあがるのです。

もちろん、理念がなければ、行き当たりばったりで

まとまりのない行動になります。

太陽サインを発揮出来なければ、いつも誰かに

背中を小突かれるような、命令されているような

雰囲気は抜けません。

どのような形で働いていても、生きていても

自分自身の理念の沿って生きる感覚があれば

とても満足度が高くなります。

このような意味では、幸福観と精神状態は

密接な関係にあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。