第12ハウスタイプの人の主観的な第10ハウス

これは、主観的な第10ハウスの話です。

自分だけの第10ハウスは、当たり前の

第10ハウスとは違います。

決して代わりになるものではありません。

気持ちを社会的な達成に乗せていくための

個人的な感覚です。

sponsored link

本来の第10ハウスは、アセンダントから始まる

資質の余計なものを省いて、きちんと地域社会

の部品として収まり切るように仕上げたものです。

役割を担うということは、そういうことです。

だからこそ、地位や権力が発生します。

第12ハウスタイプの主観的な第10ハウスは、

第9ハウスになります。

第12ハウスは、実際的には、「無」の場所です。

現実的なもの排除して、精神性として

感じられるものだけを残した結果

現実においては、「無」のような状態になります。

現実に影響がないという意味ににおいては、

「死の世界」に隣接した場所かも知れません。

ただ第12ハウスタイプの人も生きていますから

自分なりに把握した精神性に一時的にでも

形を与えれば、現実的な力や豊かさとして

引き出すことが出来ますが、

第12ハウスタイプの人は、現実に見える形で

そのようなものを保存する力は強くありません。

sponsored link

第12ハウスタイプの人の主観的な第10ハウスは、

第9ハウスですが、それは、第12ハウスタイプの

人の把握している精神的な価値は、

思想のようなものとして保存することが

他者との一番有効な関わり方であることを

示していると思われます。

本人が第12ハウス的価値を体現しても

良いのかも知れませんが、その価値は

それほど広まらずに、結果的に人柱的なものに

なってしまうのではないでしょうか。

第12ハウスタイプの人が、把握した精神性は、

何かを加えることで、現実に役立てることが出来る

魔法の粉みたいなものですから、第9ハウスを

主観的な第10ハウスに位置付けることは、

第10ハウスタイプの人にとっても他者にとっても

一番良い形なのでしょう。

ハウスのサイン、天体やアスペクト、

支配星の動きを考慮して自分だけの成功の

イメージを作ると、かなりモチベーションアップに

役立ちます。

頭で考えることと気持ちを一致させ易くなるのです。

主観的な第10ハウスの関連記事は、こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。