死刑囚のこどもたちの苦労の原因

和歌山毒物カレー事件で死刑囚となった

林眞須美死刑囚の子供たちの、事件後の

壮絶な人生が語られています。

sponsored link

親の犯罪と子供は無関係ですが、多くの

人は様々な感情を抱きます。

そして攻撃し易い対象に向かって

自分自身の隠していたものを上乗せして

執拗な攻撃を加えていくのです。

残念なことですが、これが世の中です。

様々な感情を抱いたとしても、敢えて

攻撃を加える必要はないでしょう。

林眞須美死刑囚の子供たちは、このような

両親の下に生まれなければ、大変な目に

合うことはなかったかも知れません。

林眞須美夫婦は、保険金詐欺で億単位の

お金を得ていたそうですが、夫である

林健治さんは、すでに出所されています。

林健治さんは、総画28で、自分の行動力を

頼り物事を解決するタイプですが、ヒ素を

飲んで保険金を詐取したり、危険な手段を

行っていました。

28画の行動力は、激し過ぎて破綻を招くことが

多いのですが、林健治さんは、名前の五行が

「水・水・水」と非常に不安定です。

成功すればするほど、その反動のままに

失敗する傾向が強くなります。

天格、人格、地格、外格の全ての五行が水です。

孤独やギャンブル性を動機にして

強い活動力を発揮していくタイプです。

28画は、やり過ぎることで、トラブルが

多発し、一家離散になり易い傾向がありますが、

林眞須美死刑囚と結婚したことで

占える林健治さんは、林眞須美死刑囚の総画39画で

考えると、天下取りです。

実際に8億円もの保険金を受け取ったとも

言われています。

林眞須美死刑囚のヒ素混入に関しては、

様々な観点から、事実と異なるかも知れないという

意見が語られていますが、保険金詐取を

行い過ぎたことが導火線になっていると

考えています。

sponsored link

結婚後の林眞須美死刑囚の名前を考えれば

ある程度の段階で止めるか、慎ましく

振る舞えば良かったのかも知れません。

林眞須美死刑囚の子供たちは、極端な

父親の名前の吉凶の両方を味わうことに

なったように思えて仕方がありません。

裁判の結果について、あれこれ書くことは

ありませんが、ただ林眞須美死刑囚の子供たちは、

父親である林健治さんの吉凶の両方を

受け取ってしまったように思えます。

言い方を変えれば、両親が保険金詐欺を働かずに

悪運を自分たちで背負ってくれていれば

このような辛い境遇で育つことはなかったでしょう。

林眞須美死刑囚の名前を観ると、結婚することで

林健治さんの資質を極端に引き出してしまったと

思えるのです。

凶画に加えて凶画的構成の場合と結婚後の

吉数の組合せは、悩ましいものです。

このような組み合わせもあるということで

取り上げてみました。

結婚後の相性を考える時は、お互いが受ける

影響もとて大切です。

この事件は、極端ですが、一番良いのは、

自分の運勢に適した相手を選ぶことかも知れません。

林眞須美死刑囚の子供たちに限らず、

死刑囚の子供たちは、親を選べません。

同じ生年月日、同じ時刻、同じ病院に生まれた

場合であっても、親から譲り受ける第2ハウス的な

ものには、両親が異なることで、その中身は

このような場合もあるのです。

両親の存在は、恐ろしく重要であり、親と

切り離して、自分を考えるのは、傲慢です。

感謝という意味合いだけではなく、肉体人間として

両親や家系から様々なものを引き継ぐのです。

恋愛の土台が第4ハウスにあると、いつも

書いていますが、死刑囚の子供たちは、就職はおろか

恋愛や結婚においても不自由な思いをするでしょう。

本当の相性を考えるならば、両親も含めて

考えるとより理解出来ます。

祖母が自殺することで、母親が苦しみ続け

その影響を孫が受けて相談を聞いたこともあります。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。