心の痛みと祈りの関係

「幸運の鍵を作る女性の物語」という

カテゴリーに、嫉妬や憎悪を濾過する世界の

ことを書き綴っていますが、これらが

濾過されなければ、それらが地表に

溢れ出すことになります。

それは、非常に良くないことです。

鋭敏な感性を持つ人は、そのような影響を

受けてしまい、心身の調子を崩しかねません。

ありのままの現実を観察する人であれば

この世の中は、まるで公平でないことは

承知していると思いますが、だからと言って

嫉妬や憎悪を溢れさせてしまっては、

世の中は住めなくなくなってしまいます。

どこかに忘れ去られた嫉妬や憎悪が

埃のようにたまっている場所も

あるかも知れません。

そのようなものを祓うためにも、

自分自身が身にまとってしまわないためにも

善い言葉で祈ることは大切です。

悪を退治するような気分で祈るのではなく

嫉妬や憎悪は、無いことを気付かせて

本来の姿に戻ってもらうためです。

自分自身も本来の姿に戻すためです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。