大阪府富田林市の警察署から逃走した容疑者と姓名判断の特殊パターン

大阪府富田林市の警察署から逃走した容疑者を

通して姓名判断の特殊パターンについて書いています。

事件の種類と事件を起こした人間の名前には

けっこう関連性があります。

sponsored link

どのような事件に、どのような画数が

多いと書くと偏見を生むので書きませんが

傾向はあります。

富田林市の警察署から逃走した容疑者の

名前について説明するために、少しだけ

他の事件の姓名判断を書きます。

大阪市で男性作業員がブロック塀の倒壊で

死亡した事件で、業務上過失致死容疑で

同僚の三島弘之容疑者を逮捕しました。

ブロック塀の倒壊を装って、故意に

殺害した容疑です。

総画数は、22画で、甘えが原因で

犯罪に繋がるパターンです。

三面記事的な事件で見られることが

多い画数です。

計画性が少なく、思いつきで

やってしまうのでしょう。

福岡県庁職員で飲酒運転で事故を起こし逮捕

された篠原由紀子容疑者は、44画です。

人格31画で非常に真面目そうですが、

結婚後に44画であれば、恐ろしいほど

ストレスのある結婚生活が原因でしょうし、

元名が、総画数44画で他が吉数であれば、

真面目な生き方を続けること自体に

限界を感じているという感じになります。

sponsored link

「妻を殺害し埋めた銀行員の事件を通して

伝えたい結婚前に確かめたいこと」で書いた

妻を殺害して実家の庭と母親と埋めた事件の

被害者は、結婚後、44画になっています。

その人に、身に付いた名前は経験上、

かなり事件と関連性がありますが、

たまにまったく事件とマッチしないような

名前の場合あります。

そこで、問題の脱走した樋田惇也容疑者ですが、

五行は、水金土で相性し、吉画数の35画です。

ある意味、姓名判断的には、申し分のない名前です。

このような場合は、経験上、本来の名前でないか

他国籍の方の通り名、通称名であることが

多々あります。

姓名判断は、守備範囲が狭く使い方において

得意不得意がかなり分かれますが、

統計的に出易い傾向はあります。

それが最も分かり易いのが犯罪です。

大阪府富田林市の警察署から逃走した容疑者は、

恐らく本来の名前ではないでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。