山口県行方不明2歳児を発見した尾畠春夫さんに学ぶ大切なこと

山口県行方不明2歳児を発見したボランティア捜索の

尾畠春夫さんの名前を観て勉強になりました。

捜索ボランティアの尾畠春夫さんは、これまでも

何十年に渡って、数々のボランティア活動を

されてきた立派な方だそうです。

sponsored link

どんな方かなと思って名前を観ると

一言で言えば、様々な困難を抱えた名前ですが、

間違いなく自分の生かし方を知ってらっしゃいます。

苗字の「尾畠」は、17画で、

人格の「畠春」は、19画、

名前の春夫は、13画です。

縦にざっと相性を観ても、

大変な組み合わせですが、

尾畠春夫さんの凄いところは、

苗字の「尾畠」は、17画の五行の金と

人格の「畠春」は、19画の五行の水で、

普通の幸運的な考えでいけば、他人を

当てにして何とかなる部分は、少しあるのですが、

他人からしてもらうよりも、

自分が誰かにしてあげることで

自分自身の運を守りながら作りあげています。

人格の「畠春」は、19画の五行の水を

どのように扱うかということが

尾畠春夫さんの最大の難問ですが、

師匠と言われるほど人に尽くすことで

人生を乗り切って来られたと思いますし

今回の素早い発見につながったのだと思います。

それにしても、約束だから発見した男児を

警察に渡さず絶対に直接親に手渡すという

発言が、姓名判断的には、数理や五行が

出ているように思えました。

濾過するものの世界でも書いていますが、

嫉妬や憎悪を濾過する世界と意識は

スクエアな関係で繋がっていて

スクエアな関係を有効にするには

愛情しかありません。

ボランティアを通して、自分を生かし、

人の役にも経つという、お手本のような

生き方です。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。