船越英一郎さんの心霊体験と松居一代さん事件との共通点

船越英一郎さんが、ホンマでっか!?TVで、

実際に体験した心霊体験について話されていました。

心霊体験は、体験ですから、何かしら体験可能な

要素を持っていないと体験し難いのです。

意識的であれ、無意識であれ、心霊体験を

受け入れ易い個人的な環境がなければ

霊を見ることは難しくなります。

sponsored link

心霊現象と最も親和性が高いのが海王星です。

船越英一郎さんの海王星のアスペクトは、

金星と海王星のスクエア、

太陽と海王星のスクエア、

月と海王星のトラインです。

アセンダントの近くに海王星がありますが、

コンジャンクションというには、少し

遠いようです。

12ハウスの海王星というのも意味ありげです。

心霊体験ですので、金星と海王星のスクエアも

大きな働きをしたかも知れません。

このアスペクトがあると、無意識に非日常的な

感覚が突然、侵入し易くなります。

これが、自分自身のものなのか

他者の影響のせいなのか、船越英一郎さん的には、

区別が付くものではありませんから

心身に異変を感じて病院に行ったという発言は、

船越英一郎さんの心霊体験に信憑性を

与えます。

もう一つの側面として、金星と海王星のスクエアの

自分の中に突然やって来た違和感は、

金星が非日常的なイメージを求めて

手に入らなうことによるストレスという

部分もあるのです。

この二つの側面は、金星から海王星に向かう流れと

海王星から海王星に向かう流れがありますが、

両方とも受身の天体なので、その辺りの

区別は、船越英一郎さんの中で区別は

付かないことがほとんどでしょう。

もう一つの大きなポイントは、第12ハウスの

海王星です。

非常に繊細な感受性の持ち主で、ストレス等が

身体に影響を及ぼし易く、その症状が

本当に器質的な根拠があって起こっているものなのか

判断が難しいタイプです。

心霊体験には、再現性がないために

絶対的な証拠を示すことは不可能ですが、

船越英一郎さんは、そのような現象を

身体で感じたと、

感じ易い人と言えます。

このような繊細さから、自分にとって

大切なことは他人に知られたくないという本能が

働きますが、そのような行動パターンは、

親しい人間関係にも向けられるので

松居一代さんともトラブルになったのかも

知れません。

他人の視線が介入しただけで、変わってしまう

空気感というものはあります。

第12ハウスに天体があるということは

何かしら、そのような部分があるので

孤独の時間が必要になるのです。

そこに松居一代さんも襲ってきたとも言えますし、

霊も入って来たとも言えます。

船越英一郎さん的には、他者から

守らなければならない感覚を

守る手続きに失敗したと言えます。

それが霊体験でもあり、松居一代さんとの

一連の大騒動でもあります。

sponsored link

松居一代さんは、夫婦で適切な場所で

話し合う内容をSNSに流したりと

霊体験で言えば地縛霊の祟りのような行動でした。

幽霊も生きている人も、体が幽体と肉体の

違いだけで「霊」には、変わりませんから

そのような意味では、船越英一郎さんの

霊体験は、本当かも知れません。

見えない松居一代さんが、心霊体験の場合は、

「タツさん」だったということです。

船越英一郎さんは、このような体験を

し易いタイプの人だと言えます。

普段は、繊細さ故に嫌な思いをしないように

自分自身で幾重にも防御しているのでしょうが

それが上手くいかない状況や相手も

存在するということです。

船越英一郎さんがホンマでっか!?TVで

話されたことを、ある心霊家が

「タツさん」と霊の生前の名前を本当に

教えた事実には、様々な解釈が出来ます。

本当に見えたのか、業界で有名な心霊ポイント

だった可能性もあります。

ホロスコープを作ってみると、

船越英一郎さんが、自分を守り切れない時は

ストレスが心身に表れ易いことだけは

間違いないようです。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。