権現ダム衣装ケース女性遺体事件の容疑者同士の相性と動機の推理

権現ダム衣装ケース女性遺体事件の容疑者が

2名逮捕されました。

結論を先に述べると、一つのイメージですが、

痴情のもつれみたいなパターンに似ています。

痴情のもつれと言っても、被害者である

小西優香さんと容疑者たちではなく、

容疑者である森翔馬容疑者と

稲岡和彦容疑者を絡めた

小西優香さんの勝手な三角関係みたいなものです。

sponsored link

まず、稲岡和彦容疑者の名前が普通の犯人にしては、

かなり違和感のある名前で、何かしらの

積極的な動機がなければ、まずこんな事件は

起しません。

最初は、元名ではないパターンかとも思いましたが

森翔馬容疑者の名前と並べると、意外と

相性が良いのです。

森翔馬容疑者の人格が24画で

稲岡和彦容疑者の外格が24画です。

しかし、年齢は42歳と20歳です。

こんな事件は、しょっちゅう起こるものでは

ありませんが、このパターンの男性関係は

男同士の愛情関係に見られがちです。

そのような視点で見ると、森翔馬容疑者は、

翔馬の地格と被害者である小西優香さんの

外格に惹かれる可能性はあります。

男女ならば、森翔馬容疑者の地格という

本来の恋愛運の部分が動きます。

しかも、小西優香さんは、接客業をされたいました。

全くの想像ですが、稲岡和彦容疑者の

嫉妬だったりするかも知れません。

星回りとかで余程、能動的にならない限り、

稲岡和彦容疑者の名前が生まれてからの

ものであれば、こんな事件は考え難いのです。

もう一つは、森翔馬容疑者の名前は、

総画数が34画で、一度けちがつくと

立て直すことが難しいものです。

この点も考慮しましたが、それは、

この事件がきかっけになって今後の人生に

関してだと思われます。

改めて小西優香さんのご冥福をお祈りいたします。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。