醜いと言われても美容整形せず自分自身を美しく感じる方法

美容整形をしなくても、自分自身を美しく

豊かに感じる方法はあります。

自分自身を美しくないと感じるのは、

現実の意識が、自分を醜いと感じている

状態です。

中には、客観的には、どうみても美人なのに

自分自身を美しくないと信じている人もいます。

sponsored link

裁判でも証拠が重要なように、人は、

勘違いし易いものです。

ましてや、醜いとか、そうでないというのは

完全に主観的なものです。

そこに客観性はありません。

何らかの理由で、自分自身を醜いという

感じ方に意識が向けられるように

操作されたことになります。

それが可能なのは、身近な人間だけです。

誰かが、そう感じるように仕向けたのです。

一番根深いのは、母親です。

その次にイジメです。

芸術家は、醜さの中にも美を見出して表現します。

健全な女性は、自分のどこかのパーツは

他の女性よりも美しい部分があると信じています。

自分自身を美しく感じるためには、

意識への呪いとも言うべき偏りを

正さなくてはなりません。

自分自身を醜いと感じることは、間違っていますから

苦しみを感じるのです。

言い方を変えれば、その苦しみは、

「あなたは醜くないですよ」という

スピリチュアルな世界からのメッセージです。

「あなたは美しいですよ」という

直近のスピリチュアルな世界からの声です。

このようなメッセージを受け入れるだけです。

しかし、それが簡単ではないのは、

母親や身近な人、父親、友人たちから

向けられた嫉妬や憎悪を認めないと

いけないからです。

自分自身を醜いと感じる人は、嫉妬や憎悪の

ゴミ箱にされたことによる呪いです。

これは、完全に虐待でありイジメです。

刑法に表記されていない霊的な犯罪です。

行われた行為の霊的な意味で考えると

実際の行為に対する刑法や民放の不法行為以上に

許されないものは、多数あります。

親が子供に呪いをかけることもその一つです。

父親の理不尽な言い分に暴力に従わされて

耐え続けて、その父親を母親は宗教で

正当化することで、子供に何重もの呪いを

かけた正体が、20年、30年経って

真実が分かれば、父親は会社の金を横領して

くびになっていたことを隠蔽するために

発生した矛盾だったりするのです。

これは一地方の名も無き事件ですが、

和歌山カレー事件のように、父親の保険金詐欺で

豊かに暮らしていた子供時代が、母親の毒物事件で

その後に子供が社会で辛酸を舐めるということと

同じ構造です。

なぜ、自分自身を醜いと感じるのか原因が

分からない人は、余計に立ち直ることが

困難かも知れませんが、何かしら

隠された嘘があります。

隠された犯罪があるかも知れません。

それを擦り替えるために、親は子供を

嫉妬や憎悪のゴミ箱にします。

そのような状況にいる子供が、自分より弱そうな

子供を見つけて標的にします。

自分自身を醜いという感じ方は、本来ありません。

命は美しくなければ生まれて来ることは

出来ないのです。

自分自身を美しく感じる第一歩は、

自分自身を醜いと感じ方は、嘘だと知ることです。

sponsored link

誰かの嘘や犯罪を隠すために、

利用されているだけです。

どのような真実が隠されているのか

真実が明らかになるか、ならないかは

まったく関係ありません。

あなたを醜いという人間に対して

何一つ証拠を提示する必要はないのです。

同じことを親であれ、知人であれ、

想像の中で何度も

自分が言われたことを相手に言ってみて下さい。

親やイジメの加害者の抱えている闇は

分からなくてもスピリチュアルな部分では

正体が見えてくるはずです。

見えてくるまで想像の中で、言い続けなくては

いけません。

あなたの直近のスピリチュアルな世界が

あなたを応援し出すまで続けるのです。

そこから見えるものがあなたを呪いから

解放してくれるはずです。

呪いが解けたら、心理的、物理的に

距離を作っていきましょう。

原因をホロスコープで当たりを付けることも

可能ですが、このような状況では自分自身では

説明も無理でしょう。

難し過ぎる問題や近過ぎて見え難い問題は

スピリチュアルなアプローチ方法が向いています。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。