誰かに必要とされることと仕事運(赤い糸を含む)

太陽サインを通して、誰かに必要とされることと

仕事運の関係について書いています。

自分自身の太陽サインを発揮しないと

いけないような機会は、逆境や強制的な

方向転換を通して、唐突に始まることが

多いかも知れません。

sponsored link

太陽サインを発揮するとは、自分の理想を

生きるような姿勢になるということです。

一部の天才たちや才能に恵まれた人たちは、

生まれた時から、ほどなくして

才能を開花させるべく行動を開始したり

そのような環境のある家庭に生まれたりしますが、

普通の人は、その人に相応しいきっかけと共に

その人らしく太陽サインを発揮する方向に

転換するように仕向けられます。

この時にどんなタイプの人であっても

誰かの気持ちや存在そのものの苦しみを

減らし、楽にしてあげるような行動が

そこに含まれます。

このブログのカテゴリーに

「幸運の鍵を作る女性の物語」がありますが、

その世界で言えば、嫉妬や憎悪を濾過する

ということでもあります。

持っているサインによっては、癒しを与える

感動を与えるというような姿勢として

意識されるかも知れません。

これは、自分自身の理想を生きることで

誰かを救うような、癒すような影響が

生まれるということです。

sponsored link

結果として、その人が作り出す価値が

必要だった人の役に立ち、その誰かが

再び動き出します。

しかし、これは決して英雄的な行為では

ありません。

誰かが理想を生きる時に、自分らしく生きる時に

本当の自分を必要としてくれる存在が

いなくてはならないのです。

幸運の鍵の一つとして赤い糸を強調する理由は、

この自分を必要とされる理由が、ただの

ATM代わりだったり、家政婦の代わりであれば

人生は、虚しいものになってしまうからです。

幸運の鍵は、連綿と繋がっていて

それぞれの幸運が、ほぼ均等なレベルで

幸運のスパイラルを形成しているのです。

今は、不幸のスパイラルだと感じていたとしても

それは、幸運のレベルであって不幸ではありません。

誰かがあなたの存在を求めてどこかで

泣いているのです。

そのようにして永遠に連鎖しながら私たちは

助け合って生きています。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!