今の自分に必要な答えを取り出す方法

占星術を通して理解する様々な形は、

悩んでいることや迷っていることの

正解ではなく、ヒントみたいなものかも

知れません。

このヒントから、その時の、その人なりの

正解をつかむためには、出来る限り

イマジネーションを広げることです。

sponsored link

そうすることで、自分自身に中にあるのに

気が付いていない沢山のことが、

意思を持って集団で泳ぐ魚の群れのように

意識の近くに上って、適切な答えを

届けてくれます。

その答えは、言葉そのものかも知れませんし、

魚の群れが見せるフォーメーションに

意味があるかも知れません。

もっと抽象的なことも多いでしょう。

よりはっきりと正解を観るためには、

意識が覗く先にある鏡の後ろに視線を

持っていくことです。

この時に自分の中の何かが壊れます。

自分の中の何かと別れが生じるのです。

別れは、悲しいですから、何かが壊れるように

感じるのかも知れません。

私たちは、何と別れているのか。

自分自身のスピリチュアルな世界に触れて

また、別れて意識を現実に戻しています。

この時にスピリチュアルな世界の

イメージと別れています。

案外、好きな異性のイメージに投影されてます。

私たちは、何を壊しているのか。

意識と自分自身のスピリチュアルな世界を

隔てている安全装置とも言える鏡です。

簡単にスピリチュアルな世界が見えたら

意識は、現実の光景と混乱しますから、

意識だけが映るように鏡が置いてあるのです。

現実の意識側に鏡を向けることで

真っ暗な穴は見えずに、その部分にも

普通の現実が映ります。

失恋したり、愛する人を失ったり、

希望を失ってショックを受けたりして

心が壊れて覗く真っ暗な世界は、

現実の意識とスピリチュアルな世界の繋ぎ目です。

本当に必死になると、不思議な世界を

垣間見るものです。

死にそうになって見る世界と似ているかも

知れませんが、一々大変な目に遭うわけには

いかないのでイマジネーションを働かせます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。